英語のスイッチを入れましょう!!

英語で会議や交渉に臨む時は、日本人は自分の頭をEnglish version に切り替える必要があります!!

なぜか??

理由は簡単です。日本人と西洋人ではコミュニケーションの目的が全く違うからです!!

日本の職場では協調性を重んじるので、過剰な自己主張は歓迎されない傾向にあります。

強力なリーダーシップも嫌厭されたり、おせっかいに感じられたりしてしまいます。

会議や交渉でも、あまり多くを語らず、その場の雰囲気や事前の手回しで進行してしまい、活発な意見交換が無いまま重要な事が決定してしまうなんて事がよくあるのではないでしょうか?

その後はおとなしく決定事項に従うのも日本人的傾向ですよね。

このように空気を読んだり、状況を察したりする中でコミュニケーションを取るのが日本人流です。対人関係重視の観点から、直接的な表現を避け、より抽象度の高い所でコミュニケーションを取ります。よりよい関係を築く為にコミュニケーションがあるのです。

コミュニケーション環境を説明するのに役立つ概念として、アメリカの文化人類学者であるエドワード.T.ホールが唱えた

「High Context Culture ハイコンテクスト文化」

「Low Context Culture ローコンテクスト文化」

という識別法があります

High Context Culture

曖昧な表現(less direct)
多く話さない(Non-verbals)
空気を読む(Feelings of others)
対人関係重視(Human relations)

Low Context Culture

詳細な説明(Detailed)
明瞭で正確(Precise)
具体的(Specific)
意見交換や事実や意見重視(Exchange of information, facts and opinions)

日本人はHigh Context Cultureです。

そして多くの状況において共有時間や共有体験の量が多い事が有利に作用し、人間関係においては聞き上手が好まれます。

ではNative English Speaker のコミュニケーションの目的は何でしょう?

西洋はLow Context Cultureの傾向が強いので、率直な意見交換、お互いの情報交換によってお互いを理解することに重点が置かれます。

会議の場で発言されることは公式に受け止められ、全員が公平な立場で意見交換ができます。

会議で自発的に自分の率直な意見を述べることが良しとされます。

会議で発言しない人は議題に対して消極的であると受け取られる事もあります。

質疑応答は直接的にその場で行われます。

ようするに正式な場で自分の意見を言わない人は「何考えてるのかわからない」とか「やる気が無い」とか「消極的」と受け取られて、社内で信頼を得ることが出来ません。

日本では寡黙で不言実行が美徳とされますが、英語圏ではそういう特徴は理解を得るのが難しいです。

ですので、私達日本人が外国人と会議や交渉などを行う場合は、頭のスイッチを入れ替えて、自分のコミュニケーションスタイルをLow Context にする方が成功する確率が上がります。

外国人の部下から信頼を得たい、外国人上司に自分を認めさせたいなら、ぜひLow Context のスイッチを入れて、自分の意見積極的に発言したり、状況説明を具体的に直接的な方法で行って下さい。

要するに直接面談して自分をさらけ出すと云う事ですよね。

その際役立つのが中学校の英語の時間に習った5W1Hが役立つのです。

When (いつ)
Where(どこで)
Who(だれが)
What (何を)
Why(なぜ)
How(どのように)

何を話す時でも、この6つの要素を文章の中に取り入れて下さい。

そして一つのテーマを説明するのに3文~4文の短文で話すようにします。

例えば、週明けの職場で同然の事ながら上司から次の質問が投げかけられます。

How was your weekend?

最初はシンプルに次のように答えます。

It was great.

でもこれで終わってしまったら、ただの印象の薄い日本人と思われてしまいます。
次の話題に移る前に次の説明も素早く加えます。

I went to a cinema with my girl friend on Saturday in Shibuya.
My older sister gave me a pair of tickets for my birthday present.
We watched Frozen.
That was beautiful.

と、この4文で、自分には彼女がいて先週末が自分の誕生日であったことなどまで明らかにしてしまう事ができるのです。この文章を日本語で話すと長々しい感じに聞こえますが、英語では全く違います。簡潔で明るい、親しみのある印象にさえ感じます。

そしてもちろんこう付けくわえます。

How about you? Did you enjoy the weekend?

もちろん上司も自分の週末について語ってくれるでしょうから、上司のちょっとした情報収集ができますね。

会議や交渉の場でもこの5W1Hを文章の中で説明することを心掛ければ、分かりやすく、簡潔でDirectな発言をすることが出来ます。

会議の議題が事前に分かっている場合はもちろん、英作文して、下書きを必ず持参します。メモを見ながら話しても最初は大丈夫です。日本人が英語でコミュニケーションをとろうとしている姿勢を歓迎してくれます。(私の場合はそうでした)

英語でコミュニケーションを取る時に最も重要なのは簡潔でストレートである事です。Rudeであることとは違います。テクニックなど色々な方法があると思いますが、基本は具体的でシンプルに自分の意見を述べることを心掛ければ、コミュニケーションは成功します。

私はよく講師達から

「もし私が何か間違ったことをしてしまったら、その場で直接教えてね。後になってから実はあの時はこうだったんだって云うのはやめてね。」

と言われます。

ストレートに情報を伝える事が歓迎されます。日本人とは逆ですよね。

もちろん親切な言い方で、相手の気持ちもにも配慮します。

普段から直ぐに使えるシンプルなフレーズを覚えておいて、大声で口頭練習をしておくと、

いざ!!

というときに役立ちますよ。

日頃から英語コミュニケーション力を鍛えて、仕事の現場で実践できるように頑張りましょうね!!

Thomas Huxley Quotes

Make up your mind to act decidedly and take the consequences.

No good is ever done in this world by hesitation.

トーマス ハクスレー 1825年5月4日生 イギリスの生物学者

躊躇せずに行動すると決意してその結果を受け入れなさい。
この世の中では躊躇することによって良い結果がもたらされるこは無い