英語学習者が利用している二つの学習法

大人の中には、他の人より英語の学習速度が速い人がいます。理由は何でしょう?彼らの方が頭が良いからでしょうか?英語のセンスが良いからでしょうか?その違いは、ほとんどの場合において、学習方法の違いによります。今日のイングリッシュアドバイスでは英語学習者が利用している二つの学習法を分析していきましょう。

最初の方法は、あなたの性格を英語に順応させる方法です。性格的な観点から見ると、外交的な人はたいてい内向的な人よりも習得するのが速いんです。外交的な人は積極的にコミュニケーションの機会を求め、間違いをあまり恐れない傾向にあります。

ですので、会話を注意深く観察すると、外交的な人は内向的な人よりも2~3倍多く発話しているのに気が付くでしょう。数ヶ月、数年経つ間に、この発話量の違いは実質的な会話の経験量において大変大きな違いとなります。

私達は自身の基本的な性格を変えることはできませんが、英語を話す時にもっと外交的になれるように努力することはできます。西洋人は自分の意見や気持ちを率直に表す傾向がありますので、より外交的であることは英語圏の文化にも適しています。英語を話す時に、外交的な人格モードになることは重要な技術のひとつです。

そして二番目の方法は新しい単語の覚え方です。会話での単語の覚え方は、受験などのテストの為の覚え方とは違います。新しい単語を学習する時、良い生徒はその単語を使用できる場面や方法などをすぐに思い浮かべます。実際の状況を思い浮かべ使える文章を作ります。「こんなふうに言うことはできますか?」などと講師に質問します。この方法は次の4つの理由から重要です。

まず第一に、生徒は新しい単語をさまざまな状況の中でどのように使えるか練習します。生徒は新しい単語の使い方をマスターして自分の力で英語の文章を作れるようになるので自信を持つことができます。

次に、生徒は新しい単語とそのパターンが発音するとどのような感じなのか練習します。英語の発音を無意識にできるようになるためには口頭練習が欠かせません。この練習は大切です。なぜならば人が会話中に集中できる処理能力には限界があるからです。それほど集中しなくても発音できれば会話の他の部分にも力を注げるのでよりスムーズに会話ができます。

そして第三に自分自身のリアルな文章を作ることによって、教科書や辞書に載っていた英語を自分のものにして自身の生活に取り入れることができます。これは記憶を深くする為にも必要な技術です。

最後に、新しい単語を実際に使う場面をイメージすることによって、生徒はイメージトレーニングをすることができます。イメージトレーニングは講演家や俳優、歌手やプロのスポーツ選手などに幅広く利用されています。

レストランでオーダーする時や電話で英語の会話をするなどの実際の状況に遭遇したら、事前に行っていたイメージトレーニングがあなたの脳の中で引き金となって、リハーサルどおりに反応することができるでしょう。

有能な英会話学習者になる為の、最も重要な要素は学習方法にあります。学習方法が実際の現場に非常に即していて、かつ積極的であることです。私が提案する、英会話をより速く効果的にマスターできるこの方法を、ぜひ試してみて下さい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up