英語のビジネス会議は怖くない!簡単なフレーズを覚えて言い回しできる、今すぐ使える会議のフレーズ50選

Business Meeting英会話上級者で無い限り、英語のビジネス会議と聞くとちょっとビビりますよね。ましてや進行役などをしなければならないとなったら不安な気持ちになっても当然です。

自分の言いたいことがちゃんと伝わるのだろうか?

相手の言っていることがきちんと理解できるだろうか?

突然質問されたらどうしよう・・・

あなたの気持ちよくわかります。

 

ビジネス英語はそれほど難しいものではありません

会議で話される内容は議題に限定されているので、議事録に沿って事前準備をしておけば怖くありません。英語のレベルに関係なく、話し合われる内容の背景やマーケット、製品、顧客や競合など、情報収集をしてから会議にのぞみましょう。会議で話される内容について十分な知識があれば、余裕をもって参加者の話を聞くことができますし、自分の発言にも説得力が増します。

会議の議長をする場合にも役立てることが出来る、「今すぐ使える会議のフレーズ50選」をまとめました。具体的な文章を取り上げたので、単語だけを入れ替えればそのまま使えます。

 

事前の準備と情報収集で自分の分野の専門性を高めておきましょう

英語力に自信がないと言う理由で気配を消したり、存在感まで失ったりしないようにしましょうね(笑)。英語の面接試験を受けているわけではないので、会議中に流暢な英語を話す必要はありません。それよりも、相手に理解してもらえるように、だれにでも通じるようなシンプルで具体的な文章で話すことが大事です。

「今すぐ使える会議のフレーズ50選」の中から、自分の使える文章を選んで、何度も声に出して練習しておくと、本番の時にもスラリと発言できます。予行練習と事前準備が会議参加での成功の鍵となるでしょう。自分の中で具体化できていない意見を、うろ覚えの英単語で文章校正を考えながら、本番の会議で発言することは非常に難しいでしょう。

 

自信をもって使える定型表現を10文程度用意

毎回その文章で発言する、と自分なりのルールを決めておくと、ぐっと英語会議へのストレスが減り発言しやすくなります。どれもこれも役に立ちそうと、うろ覚えの英語フレーズを沢山知っているよりも、丸暗記していて、すぐに口から出てくるフレーズが10個ある方が、実践では役立ちます。そして大きい声ではっきりと話す事も大切です。

英語だけに限りませんが、お口が滑らかに動く人に限って、発言の内容があいまいだったり、難しくて何を言っているのかわからない・・・なんて事がよくあります。大事なのは発言の内容です。多分理解してくれるだろう、というような相手任せの発言の仕方は避けたいものです。

 

自分の理解が正しいか確認する

日本人の会議は静かで、誰かが発言している時は黙って聞くのが普通ですが、英語ではそうはいきません。ネイティブが多い会議だと発言の最中でも、疑問があると、どんどん割り込んできます。英語の特徴として、会話の文章が終わるか終らないかのところあたりで、かぶせるように次の人が話し始めたりします。このタイミングとスピードに慣れるには練習あるのみです。

何を話し合っているのか、ちょっと聞き取りにくくなり、「あれ?あれ?」なんて考えているうちに、違う議題に移動していた?!なんてこも起こります。あるいは話がどんどん横道にずれていき、全く議題と違う話を始める人もいます。

そんな時には自分の理解が正しいのか、確認した方が良いです。ネイティブは疑問点はその場で質問されたほうが喜びます。重要な内容であればあるほど、疑問点はその場で解決するように心掛けましょう。

 

ジェスチャーやアイコンタクトが重要

自分の体の正面を発言者に向けて、少し身を乗り出し「私はあなたの発言を聞いていますよ。」「あなたの意見に興味がありますよ。」をジェスチャーや目線で訴えると、あなたの存在感が増します。発言者からは良い印象を持たれます。

だれでも自分の話をきちんと聞いてもらいたいですよね。本当に良い意見だと思ったら「That’s a good point.」「 I agree.」などと、素直にそれを口に出したりします。これも訓練次第でできるようになります。

 
ポジティブに反対意見を言う

会議のテンポにのれて、相手の意見に同調することができるようになれば、そこから自分の発言や質問がしやすくなります。発言者の意見が自分と全く違った場合、どうしましょう。いきなり「それには反対です」などとは言うべきではないでよね。

反対意見や疑問点を尋ねる場合はポジティブな文章で始めるとスムーズに言えます。最初に相手の発言を認めて「あなたの発言には一理あります。でも・・・」と始めます。

「That’s a good point, but・・・」「I agree with you up to a point, but・・・」これは鉄板の定型フレーズなので、是非覚えて使って下さい。

英語上級者でなくても事前の準備と練習、参加する心構えができていれば、英語の会議を乗り切れると信じています。英語力に不安があっても、悪びれることなくポジティブな姿勢で会議に参加して下さい。

このブログがあなたのビジネス英語の成功に少しでもお役に立てることを願っています。

 

今すぐ使える会議のフレーズ50選

ミーティングの始まり

(1) Let’s get started.
「さあ始めましょう。」(2) Are you ready to start the meeting?
「準備はいいですか?」(3) I’d like to keep the meeting to an hour today.
「今日の会議は一時間で終わらせたいと思います」

(4) We are going to cover the current ad campaign.
「現在の広告キャンペーンについて話し合います。」

(5) Shall we run through the agenda for today’s meeting?
「今日の会議の議題を確認しましょう。」

(6) Who is taking the minuets for the meeting today?
「今日は誰が議事録を作ってくれるのでしょうか?」

(7) Will you include attendees and apologies in the minutes?
「議事録に出席者と欠席者も載せてくれますか?」

 

自分の意見を述べる

(8) I’d like to share ideas about the new campaign with you.
「新しいキャンペーンついてお話ししたいと思います。」(9) We need to discuss how we allocate a budget.
「予算をどう割り当てるか話し合う必要があります。」(10) Personally, I prefer blue to yellow.
「自分としては、黄色より青の方がいいです。」

(11) I would go for the blue one.
「私は青の方を推します。」

(12) I hope the situation will improve soon.
「状況が改善することを期待します。」

(13) Now, we should take a step in this market.
「今、この新しい市場へ一歩を踏み出すべきです。」

(14) I’m sure the website will contribute to our name recognition.
「ウェブサイトがわが社の知名度のアップに貢献することを確信しています。」

(15) We have to keep the loss to a minimum.
「損失は最小限に抑えなければなりません。」

(16) We need to generate profit more in the 3rd quarter.
「第3四半期ではもっと利益を出す必要があります。」

(17) Let’s not make any hasty decisions. Let me sleep on it.
「慌てて結論を出すのは辞めましょう。もう少し考えます。」

(18) I don’t have anything else to add.
「付け加えることは何もありません。」

(19) I can’t think of anything else.
「他には何も思いつきません。」

 

相手の発言を促す

(20) I’d like to know your frank opinions.
「率直な意見を聞かせてください。」(21) I’m open to new ideas.
「新しいアイディアを歓迎します。」(22) That may be an idea.
「それもひとつのアイディアかもしれません。」

(23) We’re keen to hear our idea.
「ぜひあなたの意見を聞かせて下さい。」

(24) If you were in Lisa’s position, which option would you take?
「もしリサの立場だったら、あなたはどの選択肢を取りますか?」

(25) You look as if you have a comment.
「何か意見があるようですね。」

(26) Does anyone have a different view?
「どなたか違う見解をお持ちでしょうか?」

 

状況を確認する

(27) Please let me confirm one thing before moving onto the next topic.
「次の課題に移る前に一つ確認させてください。」(28) Let’s see the pros and cons of this issue.
「この件のプラス面とマイナス面を見てみましょう。」(29) Shall we revisit our general agreement on this issue?
「その件の総意を再確認しましょうか?」

(30) I’d like to reconfirm our consensus.
「合意した内容について確認したいと思います。」

 

進行を促す

(31) Please go ahead and continue the explanation.
「では、説明を続けてください。」(32) Let’s move on to the next agenda.
「次の議題に移りましょう」(33) Let’s try to stick to the agenda.
「議題に沿っていきましょう。」

(34) Let’s follow the agenda.
「議題に沿っていきましょう。 」

(35) Let’s put that issue aside for now.
「その件はとりあえず、脇に置いておきましょう。」

(36) Shall we get back on the track?
「本題に戻りましょう」

(37) If you have any further queries, please talk to me later.
「さらに質問のあるかたは、後で私に聞いて下さい。」

 

意見をまとめる

(38) Do you have any final comments or questions before we conclude?
「結論を出す前に最後に何か言いたいことや質問はありますか?」(39) This is the last chance to say something
「何か言うことがあればこれが最後のチャンスです。」(40) We need to come to an agreement on this issue.
「この件について合意する必要があります。」

(41) I hope that we will reach mutual content on this matter.
「双方が合意に達する事を望んでいます。」

(42) We have to discover common ground with our clients.
「顧客との共通の土台を見出さなければなりません。」

(43) Let’s narrow down the candidates to two.
「候補者を2人に絞りましょう。」

 

ミーティングの終わりに

(44) Let’s wrap up the meeting.
「会議はお開きにしましょう」(45) I guess we’ll finish here.
「このへんで終わりにします」(46) Thank you for your time.
「貴重なお時間ありがとうございました。」

(47) We had a productive meeting today
「今日は有意義な会議でした。」

(48) I’ll submit our proposal to the committee early tomorrow.
「明日の早朝に私達の要望を委員会に提出します。」

(49) I’ll have the minutes for the meeting ready by tomorrow.
「会議の議事録を明日までに作っておきます。」

(50) We managed to finish the meeting on time.
「時間通りに会議を終了できた。」

image courtesy of photostock at FreeDigitalPhotos.net

Scroll Up