「お疲れ様」を英語で言える?-簡単ビジネス英語

日本語の「お疲れ様(です)」は超便利ですね。同僚やお客様に会った時の挨拶として、メールの書き出し、相手の仕事や努力をねぎらったり、感謝を表す時にも使える便利な日本語です。しかし英語には無い・・・さて、どうしましょう。場面別に「お疲れ様」の意味を表す英語表現を考えてみましょう。

【会ったときの挨拶】
Hello. How are you?
Hi. How’s it going?
Good afternoon.
Good evening.

【一日の仕事が終わった時の挨拶】
Have a good evening. See you tomorrow.
Have a great weekend.
Goodnight.

【ねぎらいや感謝を表す】
Good job.
Well done.
It was great.
You did great today.

【メールの書き出し】
Hello. Hi.

「お疲れ様」はとても便利な日本語ですが、漢字の意味にとらわれ過ぎると、英語では表現できなくなってしまいます。英語を話すときは、その場面に合った表現をそのまま覚えましょう。そして失敗を恐れず、どんどん使いましょう。

日本語では礼儀正しい (Polite)言い方が重んじられますが、英語では必ずしもそうではありません。接客や同僚との会話ではフレンドリー(Friendly)も重要な要素です。英会話は理屈ではなくハートで覚えましょう!!

Scroll Up