ネイティブ講師の英文和訳【自己紹介】

花見イベントのクランシ―こんにちは。
今日はぐんぐん気温が上がり、
日差しも夏のようになってきましたね。

教室では子供たちが
汗まみれになってレッスンを受けていますw

本日のブログは、
英文和訳です。

ニュースレター5月号「マックスウェル通信」に載せた
クランシーの自己紹介文です。

日本人が英語学習のために用意した英文ではなく、
ネイティブが自分で書いた生きた英語です。

クランシーは一番古い講師で、
マックスウェルでなんと7年も
英語を教えているんです。

とても親切で優しい男です
が・・・
体が大きくて非常にシャイなので、
初対面の人からは誤解されてしまうことがあります。

英語もとてもきれいで、
話し方も丁寧です。
ちょっと体弱いけどw・・・
すぐため息ついちゃうんだけどwww・・・

そんな心のきれいなクランシーが書いた自己紹介文は
小説のような文章で、
読んでいると、
彼の故郷の風景が鮮やかに浮かんできます。

とてもシンプルで読みやすい文章です。
英文をまず読んでみてくださいね!!

【クランシ―の自己紹介】

Hello

My name is Clancy Walker. I’m from Upper Caboolture in Queensland, Australia. I came to Ninomiya in February 2009 before that I lived in Hakodate and Eniwa in Hokkaido.

My hobbies include cooking, reading and sometimes going for a drive. I really like stationery. My favorite pen is the Uni-Ball Signo .38. My favorite pencil is a Staedtler Mars Lumograph 1B.

When I was a child I lived in Brisbane. It is a lovely city with lots of big parks and universities. The Brisbane river winds through the city like a big snake. A nice way to spend a lazy afternoon is to sit in a café and watch various ships and yachts glide along the river.

One of my favorite memories of Australia are the big storms on a summers night. My family would sit on the large verander of our old Queenslander style house and watch the lightning on the horizon. Sometimes the claps of thunder and rain would be so loud we couldn’t hear ourselves talk.

If you see me one day please say hello. Bye for now.
Clancy

【参考和訳】

こんにちは。

私の名前はクランシ―ウォーカーです。オーストラリアのクィーンズランドのアッパーカブールチュアの出身です。2009年2月に日本に来ました。以前には北海道の函館と恵庭に住んでいました。

趣味は料理、読書、時々ドライブに行きます。文房具が大好きです。一番お気に入りのペンは三菱のユニボールシグノ極細0.38mmです。一番お気に入りの鉛筆はステッドラーのマルス ルモグラフの1Bです。

子供の頃はブリスベンに住んでいました。大きい公園が沢山あり、大学もあって素敵なところです。ブリスベン川が大蛇のようにくねくねと横たわっています。なにもせずゆっくりと午後を過ごしたいなら、カフェに座って色んな船やヨットが滑らかに行くのを見ると良いです。

オーストラリアでの一番の思い出は夏の夜の激しい嵐です。家族で、クイーンズランダースタイルの家の大きいベランダに座って、地平線に落ちてくる稲光をよく見たものです。雷のゴロゴロという音や雨音が激しくて、自分たちの話が聞こえないこともありました。

もしも私を見かけたら、「ハロー」と声をかけてください。じゃあ、またね~
クランシ―

Scroll Up