How is it going? の意味と使い方ー英語のあいさつでもう悩まない

How is it going? の意味と使い方ー英語のあいさつでもう悩まない

How is it going?
ネイティブが日常よく使うカジュアルなあいさつにサラリと返事をして、英会話を始められたらカッコいい~って思いませんか?

英語の会議には参加できるのに、カジュアルなあいさつに固まる人がたくさんいます。

ネイティブが色んな場面で使っているこのフレーズは、日本の学校の英語の授業では教えてくれません。日本の英語教育の7不思議のひとつです。

このブログではネイティブ講師が使い方を解説しています。日本人に染みついている堅苦しい英語と決別して、ネイティブと自然にあいさつができるようになりましょう!



1. How is it going? の意味と解説

How is it going?は大まかに2つの場面で頻繁に使われます。

ひとつはあいさつする場面です。カジュアルな場面で、「調子はどう?」「元気ですか?」の意味で使います。

通常、How’s it going? のように、Howis はくっついて短縮形で表記されます。ネイティブが How’s it going? と言う速度は、とても速くて短いので『ハウズッゴイン』と聞こえます

私達日本人に馴染みのあるHow are you?と同じように、Hello.Hi.「こんにちは」と一緒に使います。

How are you?はフォーマルな言い方ですので、どんな場面でも使うことができますが、How is it going?は友達同士や同僚など、カジュアルな間柄だけでしか使いません。

もうひとつの場面は、ある事柄がうまくいっているのかどうかを尋ねる時です。次の音声付会話を参考にして下さい。

Hey! I got a new job.
「やあ!新しい仕事についたよ。」
Really? How’s it going?
「ホントかい? 仕事はどうだい?」
Excellent!
「最高だよ!」

さらに文章を解説してみます。文中の it は situation「状況」やlife「人生」の意味で使われています。 主語を置き換えると次のような質問文になります。

How’s the situation going?
「あなたの状況はどうですか?」
How’s your life going?
「あなたの人生はどうだい?」

のように、現状の調子や状況を尋ねる言い方です。

2. How’s it going? の答え方

ネイティブ同士が話している場面を見ると、深く考えずに反射的に返事をしています。カジュアルなので、答える時もとても短くて速いです。

返事をする時に主語は言わないことが多いです。ネイティブ同士だと、間髪入れずに、返事が戻ってきます。

How’s it going?
「調子どう?」
Good. You?
「いいよ。君は?」

という具合に、とても速くて短いです。

【答え方のサンプル】
Ok.「まあまあ」
Alright. 「調子いいよ~」
I’m good.「元気だよ~」
I’m fine.「いいですよ~」
Not too bad.「結構いいよ~」
Pretty good.「かなり元気だよ~」
Great.「めっちゃいいよ~」
Excellent.「最高だよ」

How’s it going? の主語が it だから、返事も It’s で答えなければならないという事はありません。答えの意味するところによって主語が変わります。

How’s it going?How are you? のカジュアルバージョンとして定着していますので、I’m fine.と答えても全然問題ありません。

返事をするだけではなく、相手にも聞き返したい時は、答えの後に

How about you?
How about yourself?
Yourself?

「あなたはどうですか?」

などを足して言えば、相手も答えてくれます。

体調が悪い時は素直に、Not too good.と、言ってみましょう。

そしてNot too good.と言いっぱなしにせずに、I’m sick today.「今日は調子が悪いんだよ。」と説明も加えましょう。

英語を話すときはロジカルを心がけて、具体的な話し方をするようにしましょう。

3. ネイティブからのアドバイス

外国人講師たちに How’s it going? の使い方を教えてもらいました。

ハルコ
How’s it going? を使いこなしたいの。良いアドバイスある?
ブレット
How’s it going? は便利で簡単だよ。How are you? はフォーマルな言い方だから、堅苦しいだろう?カジュアルな場面では How are you? の代わりに How’s it going? が使えるんだ。答え方が自由だから、日本人は考えすぎて迷ってしまうんだろうね。
キム
オージー(オーストラリア人)は How’s it going, mate? のように、よく mate をつけて言うわ。

mate はオーストラリア人がよく使う言葉です。呼びかけとして使われます。男性の方がよく使います。「仲間」「相棒」の意味です。

ジェームズ
mate の代りに buddy も使えるよ。もっとカジュアルになるけどね。

buddy も呼びかけとして使われ、「おい」「おまえ」「きみ」のようなニュアンスになります。意味は「仲間」「親友」などで mate と同じです。

クランシー
G’day mate. もとてもオージーな呼びかけだよ。G’day mate! How’s it going? 「やあ、元気かい?」。オーストラリアでは How’s it going? と同じように次の3つの挨拶もよく使っているよ。How are you doing? How are you going? How ya’ been?

G’day は「こんにちは」「やあ!」のように呼びかけとして使われ、オーストラリア人が言うと『グッダイ』のように聞こえます。

ブレット
オーストラリア人が使うHow are you going?はおかしいね。僕はカナダ人だから、How are you going? って聞かれたら By car. って答えるよ(笑)
ハルコ
How’s it going, Connie?
コニー
Hey, how’s it going?
ハルコ
おおっ How’s it going? のおうむ返し。もはや質問ではない、単なるあいさつになっている(驚)
コニー
アメリカでも挨拶の時に How’s it going? をよく使うわ。 What’s up? も同じように使うんだけど、もっとカジュアルになるわね。 What’s up? って言われたら、What’s up? って返すのよ(笑)
ハルコ
わあっ・・・どんどん膨らんできた(汗)ところで、How’s it going?ていう前に「ねえ、みんな」って声をかけたい時には、何て言えばいいのかな?
コニー
Hey! How’s it going?
キム
Guys! How’s it going? 女性男性の両方に使えるのよ
リサ
男性が複数いる時は、Hi boys! と話しかけるわ。他にも男性のこと dude や broって言い方があるのよ
クランシー
でも dude や bro は古い言い方だと思うよ。僕は最近は一度も使ってないよ。

講師紹介ページを見る
講師達に使い方を尋ねたところ、出身国により微妙に異なり、解説も広がりました。全員が一致していたのは、答え方がシンプルで速いという事でした。

答える時は、How’s it going?ng? あたりから、かぶせるように返事をしてきます。

4. まとめ

How is it going? は便利で簡単なあいさつです。答え方にも決まりはありません。

文法的な裏づけなどなくても、ネイティブと同じ視線になって、同じように使ってみることが上達への近道です。

今までは Hello. How are you? しか言わなかったあなた。ここで書いたネイティブの言い方を真似して、チャレンジしながら自分らしく言えるようになっていってください。

とてもカジュアルなあいさつなので、フォーマルな場面では使わないように気を付けて下さい。

英会話は理屈ではなく、どんどん使って、ハートで覚えましょう!!

この記事を読んだ方にはコチラもおススメです。

英語の会議ですぐ使えるフレーズ60選
映画『マイインターン』で英語学習ーおしゃれなセリフ10選

Image courtesy of photostock at FreeDigitalPhotos.net

Scroll Up