英語のことわざ「3月のライオン」の意味

英語のことわざ「3月のライオン」の意味

英語の読解力はだれでも身につけることができます。

英語の読解力が身につけば、英文小説や英字新聞などがスラスラ読めるようになるだけではなく、内容や背景にある文化までも、ちゃんと理解できるようになります。

そればかりか、外国人との日常英会話や英語の会議などで、自分のアイディアを整理して話せるようにもなるでしょう。

March comes in like a lion, and goes out like a lamb.
とういう春のことわざを使って、ことわざの意味、表現方法、リズム、を一緒に勉強していきましょう。




春のことわざ「3月はライオンのようにやってくる」

March comes in like a lion, and goes out like a lamb.
3 月はライオンのように荒々しい気候で始まり、子羊のように穏やかな気候で終わる。

3月はの始まりは、気まぐれで予測できない、荒れた天候になりやすいという事を言っています。
日本では三寒四温ということばがありますね。昨日は晴れて暖かかったのに、今日は凍える程寒くて、雪が降ってくるなんていことが、3月にはあります。

春一番は強風です。このような安定していない荒れやすい天候をライオンに例えているのです。


そして、桜が咲き終わり、5月に近づくと天候が安定してきて、穏やかになります。この、穏やかで温かい気候を羊の赤ちゃんに例えています。

英語の比喩表現(ひゆひょうげん)

like a lion「ライオンのように」
like a lamb「子羊のように」

抽象的な事柄を、イメージしやすいように、なにか別の具体的なものに例えて表すことを比喩表現といいます。

春が始まる頃の天候を「ライオン」に
春が終わる頃の天候を「子羊」
に例えています。

「ライオン」のイメージは「荒々しく」
「子羊」のイメージは「穏やか」
です。

「~のようだ」と、たとえるものと、たとえられるものを、はっきり示すことを、直喩(ちょくゆ)といいます。

比喩は利き手の興味を引いたり、内容をわかりやすく説明する為に使われます。

英語のリズム

March comes in like a lion, and goes out like a lamb.

声に出して、読んで見て下さい。

「マーチ カムズィン ライカライオン、アン ゴーズァウト ライカラム」

流れるような美しいリズムで、構成されているのです。

comes in 「やって来る」
gose out 「終わる」

2つの動詞句を対比させて、流れるようなリズムを作り出しています。

like a lion
like a lamb

似ている音の2つの名詞を使う事で、リズムが整います。

『L』の音がたくさん出てきますね。『L』は舌を上顎の内側へピタッとくっつけておいて、舌を上顎から離す時に「ル」っと言って出す音です。

日本語の「ら」行の音とは違うので、舌の位置をちゃんと確かめながら練習しましょう。

英語のことわざを覚える勉強法

英語の読解力を養うにはいろいろな方法があります。「英語のことわざを覚える」ことは、手軽に続けられるの勉強法のひとつです。

イベントや季節にちなんだもの、自分の気持ちにあったもの、有名人のものなど、身近な題材から始めてみませんか?

一週間に2個覚えると、一年で100個は覚えられます。100個の役立つ英文を覚えているというのは、英語の読解にとても有利になるのではないでしょうか?

英語の小説や新聞を読んだ時に、「あっ、これ知ってる!」って思えたら、英語学習がさらに楽しいものになること間違いなしです。

まとめ

英語らしい音とリズムを身につけるには、何度も聞いて、声に出して練習して覚えるしかありません。それには、簡単なことわざが良い教材になります。

自分の身近にある日常から、英語を見つけて、ことわざ探しをすると面白いですよ。今はググれば何でもわかります。

もっといろんな英語のことわざや英語学習ヒントを知りたい方は、
Facebookページ
湘南にある外国人講師のマックスウェル英会話
にいいねしてくださいね。
定期的に、英語お役たち情報を発信しています。

マックスウェル英会話で英語を勉強してみたい!という方は
お近くのスクールを探す』ページより、希望のスクールをお探しください。

Lamb Image courtesy of ponsulak at FreeDigitalPhotos.net
Lion Image courtesy of tiverylucky at FreeDigitalPhotos.net

Scroll Up