「それは大変ですね」って英語で言いたい!

「それは大変ですね」
That sounds tough.

「それは大変ですね」と声をかけたい時って良くあります。でも、英語でなんて言ってあげたら良いのかわからないあなたは、ぜひこの先もお読みください。




That sounds tough. の使い方

話し相手から大変な状況を聞かされた時に、「それは大変ですね」と同情を表す一言を添えるときは

That sounds tough.

と気持ちを込めて言ってあげましょう。

この気持ちを込めるというところは、非常に重要です。日本語では同情を表す時にすこしためらいがちにすると、より深みが増したりします。が、英語を話す時はストレートな感情表現が最も効果的です。

同情の表情を隠さずに、心から「それは大変ね~」That sound tough. と伝えましょう。

(職場での会話)
My wife will be away this weekend. So I’ll have to take care of my 1 years old twin sons and three puppies myself all day.
Oh, you will? That sounds tough!

「週末は妻が外出するんだ。だから、1歳になる双子の息子たちと3匹の子犬の世話を僕一人でしなければならないんだよ~」
「あら、そうなの?それは大変ね~」

「それは大変ですね」の他の言い方

That’s tough.

もThat sounds tough.と全く同じように使えます。

ただし問題が深刻な場合は
I’m sorry to hear that.
を使います。

例えば:

The company went bankrupt. I lost my job.
「会社が倒産して職を失ったよ。」
Oh no. I’m sorry to hear that.
「それは大変ですね。」

That’s too bad.はI’m sorry.よりも軽い大変なことに使えます。意味としては「お気の毒に」に近くなります。

例えば:

I’ve got a bad cold. I have a high fever, too.
That’s too bad.

「ひどい風邪をひいてしまったよ。熱も高いんだ。」
「それは大変ね。」

まとめ

①「それは大変ね」の言い方はThat sounds tough. That’s tough.

②より深刻な状況では I’m (very) sorry.

③「お気の毒に」の意味を込める時は That’s too bad.

Scroll Up