TOEIC対策(3)自分にあった勉強法

こんにちはハルコです。

TOEICを学習している方なら、きっと勉強法で悩んだことがありますよね。

自分なりに頑張って勉強しているのに、スコアに反映されていないと感じたり・・・

忙しい毎日でどうしたら効率よく勉強できるんだろう・・・

そんな時はやっぱり自分より少し先を行っている先輩方から、良い方法を学ぶのが一番の近道ではないでしょうか。



無料でオンライン授業を提供しているスクーをご存知ですか?

英語、WEB開発、デザイン、ビジネス、カルチャー、起業など、私達が日頃から学びたいと思っているような事をスマホやPCで気軽に受講できるんです。

ビジネス英会話やTOEICなどの授業もあります。内容も一方的なレクチャースタイルでは無く、見ている私たちもオンラインで参加でき、その場で質問することもできるんです。

無料なのに内容もなかなか良いし、何より見終わった後でとてもやる気にさせてくれる、素晴らしい内容ですので、皆さんにも是非試してもらいたいです!!

今日はそのスクーのオンライン授業に参加しました。そこで紹介されたTOEIC学習法、学習時間の管理法は現在TOEIC学習をしている私たちにとても役に立つと思ったので、まとめてみました。



「満点TOEICerたちに学ぶ TOEICを仕事に活かせる英語力にする方法」

講師は3人の満点TOEICerでした。大学講師の渡邉淳さん、大学・企業講師の濱崎潤之輔さん、作家の清涼院流水さんでした。

皆さんがおっしゃっていましたが、自分のレベルにあった学習本を使うことが一番効果が上がるという事でした。自分のスコアが500点台であれば、600点取得をうたっている本、900点代には900点代用の学習本があるそうです。600点台の方は基礎的な単語や文法事項がまだ定着してない傾向があるので、単語本と文法書を勉強して基礎固めをするとよいとのことでした。

スコアも大事ですが、人によって好みが違うので自分が使いやすいと思う本を使うことも大事だそうです。

書店に行くとたくさんの書籍があり、人気ナンバー1!!などと書かれてたりして、すぐそれを買ってしまいそうになりますよね。でも書店ではちゃんと中身もよく見て、自分に合っている編集の仕方だなと思うものを選んだ方が良いです。そして購入したあとはその本を何度もやり抜くことも大事です。暗記するほどやってしまえば、その本のターゲットスコアは必ずとれるはずです。

濱崎さんはモチベーションを保ち、自分の学習記録の為に、毎日その日勉強した内容をブログにアップしていたそうです。そうすると、自分の傾向やミスをするパターンを見つけることができるようになるそうです。忙しい毎日の中では、通勤の電車の中、昼休み、早めに出勤して仕事開始の9時までの時間などをTOEIC学習に充て、満点目指して勉強を続けていたそうです。

すきま時間に学習していたそうです。というより、すきま時間にしか勉強しないと決めた方がすきま時間を効率よく使えるともおっしゃっていました。

週末に90分まとめて勉強するよりも毎日15分する方が確実に効率が良いそうです。

わたしもそう信じています。週に一回では絶対に忘れてしまうので、覚えられないストレスも溜まってきて、意欲が失われてしまいがちです。15分でも毎日続けると、1週間経過するたびに少しずつ前に進んでいる感覚があると思います。

自分が何のためにTOEICを受験するのか、勉強する理由をはっきりさせておくべきです。日常での優先順位を整理してみてTOEICが上位に来ていれば自然と他の事より優先させますよね。

濱崎さんは混んでる電車の中でも勉強しやすいように本をコピーしていたそうです。工夫することも長続きさせるコツなんですね。

私は週に何回か45分位ウォーキングする時にスマホでリスニングをしながらシャドーイングします。マスクしてすれ違う人にわからないように気を付けてるつもりですが、よく振り替えられるので、シャドーイングの声がだだ漏れなのかもしれません(汗)

流水さんは「スムーズ暗唱」が一番の学習法だと、強く推していました。とても印象に残っています。ただの暗唱ではなく「スムーズ暗唱」だそうで、名のとおりスムーズにすらすらと暗唱できるまで、練習することが重要だそうです。TOEICの練習問題で理解に時間がかかった英文などをスマホのメモ帳に書きこんでおいて、時間ができた時にスムーズに言えるようになるまで、練習するのだそうです。スコアアップに必ずつながると勧めていました。私も明日からやってみようと思います。

スコアが伸びなくて学習の壁を感じた時は学習法を見直すチャンスです。自分では良いと信じてやってきた方法で、今まではうまく行っていたのかもしれません。でもTOEIC学習はスコアによって全く違ったものになりますので、壁を感じたら、思い切って学習スタイルを変えてみましょうという事でした。本を変えてみるとか、セミナーに参加してみたりして、少し先をいく人の学習法などを参考にすると良いと思います。

この三人の講師の方たちから出ているTOEIC愛をとても感じました。スマホでセミナー受講したのですが、それでも講師の方たちのTOEIC満点取得の為に「やりきるオーラ」がガンガン伝わってきました。
迷いが無く、自分の信じている事をやり続ける情熱というか意志の力のようなものがみなぎっていました。

TOEICって深い!!

Scroll Up