朝の3分で同僚に差をつける!!「脳のゴールデンタイム」にTOEICのパート5で時間管理能力を鍛える!!

Young Beautiful Woman Using Her Mobile Phone In Coffee「朝は集中して英語を勉強したり、クリエイティブな活動に取り組むには最適な時間帯」

「ニューロンと呼ばれる神経細胞が結びつきやすい朝は潜在能力を最大限に発揮され、勉強や読書で高い効果が得られる。」

と脳科学者の茂木健一郎さんがおっしゃっています。

朝に英語を勉強することが効果が高いという事が科学的にも裏付けされています。

忙しいビジネスパーソンのあなたはこの効果的な時間を活用することで、同僚の一歩先を行けること間違いなし!!

ではTOEICパート5の問題を時間をはかって解いてみましょう。

TOEICリーディング100問を時間内に全て回答するために・・・

パート5と6(52問)を一問30秒で解きましょう。パート7(48問)に一問1分の時間を残すためです。

下にパート5の問題が3問あります。がんばって一問30秒で回答してください。
ブランクに入る適切な語、またはフレーズを選んでください。

3問で1分30秒です!Are you ready?

(1)The agreement of three major banks on founding for Maxwell’s new project gave it —– financial backing.

(A)credit
(B)credible
(C)crediting
(D)credibly

(2)After successfully getting a great number of new customers last year, the Maxwell’s China subsidiary was able —— on its own in the business.

(A)stood
(B)standing
(C)to stand
(D)had stood

(3)Mr. Verney’s marketing team was —- on time with all its projects, causing the company to rely on it a great deal.

(A)invariably
(B)invariability
(C)invariable
(D)invariant








正解です



(1)の正解は(B)credible
The agreement of three major banks on founding for Maxwell’s new project gave it credible financial backing.

「マックスウェルの新プロジェクトへの資金提供に関する3つの主要銀行の合意は、確かな財政的支援を与えた。」
SVOO文型。主語はnew project 動詞はgave。目的語itの後に2つ目の目的語が来るので、文意からcredible「信頼できる、確かな」の意味の形容詞が入る。

(2)の正解は(C)to stand
After successfully getting a great number of new customers last year, the Maxwell’s China subsidiary was able to stand on its own in the business.

「去年、順調に非常に沢山の新顧客を獲得できたので、マックスウェルの中国の子会社はその業界で独り立ちすることができた。」
成句問題。be able to do~「~することができる。」この問題はブランクの前後と選択肢を見て一瞬で答えらる。

(3)の正解は(A) invariably
Ms. Verney’s marketing team was invariably on time with all its projects, causing the company to rely on it a great deal.

「バーニーさんのマーケティングチームは全てのプロジェクトにおいて必ず時間通りなので、結果としてその会社が彼女のチームをおおいに頼りにした。
品詞を問われる問題。主語は~team 動詞はwas。ブランクの前がwas で後がon time 「時間通り」という副詞句がきているのでブランクには副詞のinvariablyがはいる。副詞(句)を修飾するのは副詞。

今日の出来具合はどうでしたか?

パート5で大事なのは、出題パターンから回答することです。文章をよく読んで意味を理解して回答していては、リーディングセクション100問を時間内に全て回答することはできません。

頭の中で日本語に訳さずに、ブランクの前後と選択肢を見て、問題のパターンを見つけることができるようにしましょう。「あっこれか!」という感覚が持てるようになるまで、何度も繰り返し練習しましょう。

英文を素早く理解するコツは、主語と動詞を瞬時に見つけることです。パート5のパターン化された問題を時間内に解くためには、体が感覚を覚えるまで繰り返し問題を解くしかありません。もちろん時間をはかってね!!

TOEICを制覇するには、繰り返し回答して、体で覚えよう!!
Have a good day!!

出典:「脳科学者 茂木健一郎さんの朝習慣 後編」朝美人スペシャルゲスト-朝時間.jp
写真:Image courtesy of nenetus at FreeDigitalPhotos.net

Scroll Up