渋谷だけじゃない!二宮のハロウィンキッズイベントが大盛況

ハロウィンコスチューム10月25日(日)に神奈川・二宮でハロウィンイベントが開催され、100人を超える仮装した親子連れが町民会館にあふれた。

このイベントは、二宮最大級のキッズハロウィンイベント「マックスウェル英会話ハロウィンキッズパーティ2015」だ。今年は子供達のコスチュームも過去にはない完成度の高さだった。アニメのキャラクター、ハロウィンキャラクター、ヒーローなどなど。お母さん達の熱い思いががっしりと伝わってくる仮装だった。そうです。ハロウィンはコスチュームが命です。マックスウェルの講師達も子供たちに負けず劣らず気合の入った仮装でおもてなしをさせていたたきました!!

すっかり日本に定着したハロウィンだが、本来のハロウィンの意味を知っている人は何人いるんだろう?アメリカ、カナダではハロウィンはビッグイベントだが、ヨーロッパやオーストラリアではハロウィン?なに?って位でそれほどの盛り上がり感はないようだ。

ハロウィンの起源は古代ケルト人が行っていた秋の収穫祭や悪魔払いの儀式であり、その発祥の地はアイルランドやスコットランドだとされています。日本のお盆に似た感じではないでしょうか?
講師のコスチュームを怖がって泣く子供を見たある講師が、It’s good. 日本にも同じ行事があるね。鬼のお面をした人が子供を泣かすやつ。泣いた子供は元気に育つんでしょ?大成功!!などと訳のわからない事を云ってました(笑)なまはげの事だと思いますが・・・・

しかしながら、ヨーロッパからアメリカにハロウィンが伝わってからは、宗教的な意味合いは薄まり、民間行事として定着しました。アメリカから日本に伝わったハロウィンにはやはり宗教的な意味は殆どなく東京ディズニーランドや渋谷で仮装をするイベント、もしくは子供達が仮装をしてトリックオアトリートをするお菓子がもらえる日として定着しつつありますね。

ドア作成中大盛況に終わったマックスウェル英会話ハロウィンキッズパーティですが、大成功の陰には講師達の長くて大変な準備がありました。先週にフェイスブックにアップしたパーティのビデオは見て頂けましたか?この写真はビデオに写っているトリックオアトリートで使ったドアを作成中のメーガンとクランシー、マーティです。クランシーは目の下にクマができ、毎週末はドアにペンキを塗り、述べ80時間の準備だったとしみじみと語っていました。

マックスウェル今世紀最大のイベントを大成功に導いたクランシーとメーガンに大拍手です!!

Scroll Up