手作りのアクティビティで盛り上がったハロウィンパーティ 子供英語

ハロウィンパーティの様子、外国人講師と参加の子供たち

今年のハロウィンキッズパーティも大成功でした。今年の目玉はピニャータとトリックオアトリート。さらに英語業界で売れっこのイラストレーター矢戸優人さんにマックスウェルオリジナルの塗り絵を作っていただき、パーティで子供たちに楽しんでもらう事ができました。

キッズパーティの様子をアクティビティの解説をしながらお届けします。動画も沢山ありますので、お楽しみください。

この体感型のパーティプランはご家庭でのホームパーティやクリスマスパーティなどにも応用して使う事ができます。ぜひ最後までお読みください。

ブレット校長のオープニング

がいこつのコスチュームで登場したブレットが声を張り上げて、ご挨拶をしていま~す!来年は絶対にマイクを準備しないと、喉がつぶれてしまう・・・

モンスターブルラッシュ Monster Bull Rush

鬼ごっこです。モンスターに触られないように子供たちは危険なモンスターエリアを走り抜けなければなりません。

レイザーロープ Razor Rope

縄がやって来ます。縄に触ると負けです。くぐったり、飛び越えたりして縄をよけます。

ピニャータ Pinata

ピニャータはメキシコのお祝い事によく使われる日本のくす玉のようなもので、紙で作られた型枠の中にキャンディなどのお菓子を入れ、それを上から吊して棒で叩いて割るゲームです。

ハロウィンパーティのアクティビティの一つとしてピニャータを行いました。120人のお子さんの参加だったので、ピニャータを16個準備しました。ピニャータ一つを完成するのに、一週間くらいかかります。スタッフ全員で手分けをして、何度もたたいて楽しめるピニャータを作りました。

子供たちは順番にピニャータをたたいて最後に割れたピニャータからお菓子がどさどさっと出てきて、大興奮でした。

スナックタイム

フィッシュフライ、コロッケ、から揚げ、卵焼き、ポテトフライ、揚げ餃子、クッキー、デニッシュ、マフィン、スコーン、ジュース、お茶など盛りだくさんの食べ物と飲みものを用意しました。

キャンディバッグ作り

トリック オア トリートで使うキャンディバッグを作りました。ジャコランタンの顔を紙袋につけて、取っ手をつけて、名前を書いて、出来上がりです。小さいお子さんにも簡単できるように、全てのパーツを事前に準備しておきました。

ダンス

ブレット校長と一緒にEDMの曲に合わせて、みんなでリズムダンス~(笑)

トリック オア トリート Trick Or Treat

トリック オア トリートはハロウィンパーティでは欠かせないアクティビティです。

Trick Or Treat 「トリック オア トリート」。Trick「トリック」は『いたずら』、Treat「トリート」は『お菓子』という意味で、「トリック オア トリート」は『お菓子をくれなきゃいたずらするぞ~』という意味です。

クランシーを中心に段ボールを使ってドアを手作りしました。ドアは4個あります。舞台の明るい場所に2個、暗幕の内側の暗い場所に2個。子供たちはさっき作った手作りのキャンディバッグを持って、4個のドアを順路にそって全部まわります。

ドアの中には講師がいます。最初の2つのドアにはキムとジェームズが隠れていました。暗い場所の2つのドアにはリサとジムがいました。子どもがドアをノックして「トリック オア トリート」と言うと、仮装をした講師がドアの中からお菓子をあげました。最後のドアではジムがクラッカーを鳴らすので、その度にみんなびっくりしてました。!

グループアクティビティ

他にもグルーぷごとに分かれ、様々なゲームを行いました。
パストパーセルは何重にも包装された小包を曲に合わせて回していきます。子供たちは輪になってすわり、隣から受け取った小包を反対側のお隣に渡します。曲が止まった時に小包をもっていた子は、一番外側の包装紙を開けます。お菓子が出てきたり、おもちゃのゴキブリが出てきたり、何も出てこなかったり・・・

まとめ

参加者の視点からパーティ進行を考え、この2か月準備をしてきました。ハロウィンパーティのモーメントを全員で共感することができたと思います。この一体感を作り出すことに、いつも私達はチャレンジしています。

パーティの写真はフェイスブックページでご覧になれます。

マックスウェル英会話のYouTubeチャンネルもヨロシク!ハロウィンパーティの動画を沢山ご覧になれます。

Scroll Up