マザーグースの歌で英語のリズムを覚えましょうー子供英語

マザーグースの歌で英語のリズムを覚えましょうー子供英語

マックスウェル英会話の子供のクラスでは、英語の歌を歌う事で、英語のリズムや音を楽しく身につけています。

英語の歌を覚えて歌うことは、英語学習にとても役に立ちます。歌は子供たちの集中力を維持できますし、なにより楽しんで英語を学べる、とてもよい教材です。私達の幼児クラスでは、沢山の歌を取り入れています。

歌を通して英語が学べるのは、子供だけではありません。洋楽が歌えるようになりたい!という動機から英会話学習を始める人も多いのです。

大好きな海外ミュージシャンの歌を覚えて、カラオケで歌ったりすることは、発音やリズム、単語同士のつながりによって変化する音、などを学ぶのに効果的です。

スマホには、たくさんの音楽アプリがあります。歌詞も簡単に見ることができますので、ぜひトライして下さい。

英語の自然なリズムが身に付くマザーグース

この記事では、英語の自然なリズムを覚えるのに、とても役に立つマザーグースを2つ、ご紹介します。

マザーグースとは、イギリスやアメリカを中心に昔から親しまれている、童謡の総称です。

聖書やシェイクスピアと並んで、英米人の教養の基礎となっているとも言われています。イギリスではナーサリー・ライム (Nursery Rhymes)と呼ばれています。

特定の作者がいるわけではなく、昔話のように親から子へと伝えられてきたものです。日本の手遊び歌のように、韻を踏んでいて、ナンセンス(歌詞に意味が無い)です。日本の童謡と同じです。

英語に限らず、言葉には文法や単語の意味だけでは説明できない側面がたくさんあります。そのままの型を素直に受け入れて、楽しんで繰り返し聞いて歌って、覚えてみて下さい。

London Bridge is falling donw (ロンドン橋落ちた)

日本で一番浸透しているのナーサリーライムは「London Bride」だと思います。日本語の歌詞もありますね。歌の最後でロンドン橋が落ちて、橋をとおっている子供を捕まえるところで、盛り上がります。

【歌詞】
London Bridge is falling down,
Falling down,
Falling down.
London Bridge is falling down,
My fair lady.

言葉遊びの様に、単純な単語が何度も繰り返し出てきます。親子で一緒に歌って、英語のリズムや発音を楽しく身に着けましょう。

マザーグースの歌が集められたCDがたくさん販売されています。ユーチューブには、字幕付きの動画が、たくさんアップされています。ぜひ親子で一緒に歌ってみて下さい。

Incy Wincy Spider(ちっちゃい、ちっちゃい、くもさん)

「Incy Wincy Spider」もマザーグースです。簡単な手遊び歌で、単純で短い歌詞なので、小さいお子さんも楽しめます。

何度も繰り返し歌うことで、英語独特のリズムを、体で覚えることが出来ます。最初は聞きなれないかもしれませんが、2、3回聞くと、すぐに歌えるようになります。

【歌詞】
Incy incy spider
Went up the waterspout
Down came the rain
And washed the spider out.
Out came the sun
And dried up all the rain
So incy wincy spider
Went up the spout again!

【日本語訳】
ちっちゃいクモさんが、排水管をのぼっていったよ。雨が降ってきてクモさん、落とされてしまったよ。

おひさまがのぼって、雨水はすっかり乾いてしまった。するとちっちゃいクモさん、また排水管をのぼっていったよ。

メーガンが3歳の子供たちに「Incy Wincy Spider」の歌詞を、手遊びと一緒に教えています。

メーガンの幼児クラスでは2月の歌として、毎週、CDに合わせて歌っています。子供の吸収力は速く、直ぐに覚えて歌っていました。周りで見守るお母さんたちは、何の歌???という感じでした(笑)

マザーグースの歌は、とてもたくさんあります。ぜひ親子で、一緒に歌って、楽しく覚えてみて下さい。

幼児クラスの他の歌も見たいかたはこちらをクリック↓
「バスの歌」で覚える英語のリズム―子供英会話

Scroll Up