「今、何時ですか?」時間を尋ねる-子供英語

二宮校クランシーの子供のクラス(キッズチャレンジ)の様子です。
入会5年目の生徒さんから今年入会の生徒さんまでいます。学年は3年生から5年生です。

外国人講師が教える小学生の英会話レッスンの様子

何歳から始めても、最初は皆、初めてです。慣れている生徒さんは、新しい生徒さんに自然な形で助けています。講師も、まだ慣れていない生徒さんには、十分配慮しながらカバー、フォローします。入会間もない生徒さんも、徐々に慣れながら、外国人講師から英語を教わり、英語を理解し、英語を使うことの楽しみを覚えます。そうして少人数のクラスに、すっと溶け込んでいきます。

すぐに自分より新しい生徒さんが入ってきて、すぐ先輩になることもあります。慣れている生徒さんも、後輩生徒を助けながら又、その復習を良い糧に、これまでの自分の学習を再確認し、理解を深める良い機会となります。そして又、先輩らしく英語を操つる手本になろうと、向上心も養われると思います。

さて、今回このクラスのポイントは、「時間を言ってみる」でした。教科書のそのページを開く前に、まずは、ウォーミングアップがありました。使ったのは、教材として使用している、写真のような数種の時計と時刻を示す沢山のカードでした。それらを使い、時間を言う表現を学び、練習しました。

最初のステップは、教材の時計を色々な時刻に合わせ、クランシーが質問。
「What time is it now?」(今、何時ですか。)
答えの練習は、
「it’s ten fifteen.」(10:15)
「it’s six o’clock.」(6:00)
「it’s nine o nine.」(9:09)

時計と時間のカードの英会話教材

色々な表現を一通り学び、練習し終えたら、次は時間のカードを机に置き広げました。まずは、クランシーが「It’s one twenty.」(1:20)と言って、生徒達がその時刻のカードを探します。カードを取った生徒が今度は、「It’s nine ten.」(9:10)と、テーブルにあるカードの時間を1つ選んで言い、他の生徒達が探します。たまにクランシーもカードを取ったり、なかなか取れない生徒さんの手助けもします。

全部終わったら、お決まりの
「How many cards do you have ?」(何枚カードを持っていますか。)
「I have eight cards.」(8枚カードを持っています。)

カードゲームでは、殆どどのゲームも最後に、この英語表現を使ってカードの枚数を確認します。そして、時間の表現に慣れてきたところで、教科書を開けます。教科書にもたくさんの時刻を示す時計が並んでいました。今度は、生徒さんが質問をする練習もしました。クランシーに1人ずつ「What time is it ?」と質問し、クランシーが時間を答えていました。

このようにテキストに入る前に、その日のポイントのウォーミングアップ練習を、多種多彩な教材を使いながらじっくりします。理解し、覚え、使いこなしてもらう練習を実践的に行います。翌週は、それらを今度は復習をして、確実な習得を目指します。

時折、5分などの短時間のゲームもしますが、英語単語や表現を覚えてもらう要素を入れています。今回、JENGA(塔に積み上げられた積み木を、倒さないように抜き取っていくゲーム)のゲームでは、「曜日」(Sunday, Monday, Tuesday。。。)「月」(January, February, March.。。。)を覚える練習の為に、自分の順番の時は、順を追った該当の単語を言ってから、実際のゲームアクションをするというやり方でした。

合間にこのようなゲームを挟んだりと、生徒達は60分色々な刺激を受け、飽きのこない授業を楽しんでいます。

Scroll Up