グローバルな場面でスマートに英会話を話したい

英語で初対面の人とあいさつする時緊張してしまうあなたにぜひ読んでもらいたいブログです。


私は仕事柄初対面の方に会う機会がとても多いです。仕事とはいえ、頻繁に自己紹介をしたり、相手の方にわかり易いように業務内容の説明をしたりするのは、結構大変です。それを英語でする場合はもっと労力が必要です。

ビジネスシーンなら決まった英語表現を準備しておき、毎回その表現を使えばいいですね。でもパーティやイベントだったらどうでしょう?英語で自分を上手にアピールすることができますか?

その場にふさわしい表現を使って、スムーズに相手と共通の話題を見つけ、会話をはずませることができるでしょうか?パーティやイベントは人脈作つくり【networking】の絶交のチャンスです。そこで知り合いになった人とフェイスブックフレンドになったり、ツイッターでフォローしたりされたいしたいですね。

名刺交換すればいいって?

ちょっと待って!!

名刺を渡すタイミングっていつでしょう?変なタイミングで名刺を渡してしまって、相手に不快な思い【off-putting】をさせたり、残念な結果にならない為にも、このブログを最後まで読んでみて下さい。

英会話は雑談【small talk】からはじまる


英会話力を磨く事は、究極、英語の雑談力【small talk】を鍛えることに他ならないと、私は信じています。北アメリカ大陸から来ているネイティブ講師はとくに世間話が上手です。身近な話題を丁寧に話してくれます。

天気の事、家族の事、友人の事、趣味の話等、なんでもしゃべるのが好きです。質問してくるのも上手です。私が理解していない様子を見せると、わかるまで親切に付き合ってくれます。

向こうも自分が納得するまで、説明を求めてきます。前回のブログにも書きましたが、英語を話す文化は、口頭でのコミュニケーションが重要です。口頭での意見交換、情報交換をしながら相手の理解を深めていく文化です。雑談をしながら人間関係を築いていき、次から次へと話題を展開していくのが上手です。

オフィシャルシーンでのグローバルな社交術【Social Skills】を磨く


① 【Dress sharply】身だしなみをきれいに整えましょう。髪もです。きちんとした身なりをすることは、これから会う人に敬意を払うという意味でも大切な事です。

② 【Shake hands firmly】握手をする時は相手の目をみてしっかりと手を握りましょう。弱弱しい握手は【limp-fish】と言って相手に悪い印象を与えます。

③ 【Self-disclosure】自己開示とは、まず自分の情報を相手に与えることです。シンプルな文章で自分について説明してから、相手に質問しましょう。例えば、自分の出身地を言ってから、その後相手の出身地を聞く質問をします。
I’m from Tokyo, Japan. Where are you from?

④ 【Have a go-to opening line】頼りになる最初の切り口をいつも用意しておきましょう。
What brings you to the event? What brings you here? などなど

⑤ 【Free will】話相手が自発的に提供してくる情報をキャッチしましょう。相手の話をよく聞き、相手の興味のポイントがわかったらすかさず、それについて質問してみましょう。

⑥ 【Exchange business cards】初対面の人に会ってすぐに名刺を渡すことは日本の習慣です。欧米では少し違うようです。好意的な関係を築いてから、名刺交換をするのが普通です。

大事なことは相手に敬意を払うことです。そして会話を楽しみましょう。お互いにリラックスした雰囲気で会話ができれば、自然とラポールを築くことができます。

実践に役立つ効果的な英会話の勉強法


とはいえ、その場にふさわしい英語表現が出てこないと、リラックスするどころか、しどろもどろになったりして、さらに緊張度がアップしてしまいます。やはり日頃の継続学習がいざという時にあなたを助けます。お勧めの勉強方法は場面設定ごとに会話を丸暗記して、スラスラ言えるようになるまで口頭練習することです。音声教材の音に乗せてシャドーイングするのが一番効果があります。

シャドーイングする時は目を閉じて会話の場面を強くイメージします。自分がその場で会話に参加していると思えるようになるまで、シャドーイング&イメージトレーニングを繰り返します。自然にジェスチャーや表情がつくようになるまで頑張ります。

その日の夜はパーティの夢を見るでしょう。自分が外国人グループの中で楽しく雑談をしています。そして英語で寝言をいうはずです。もし、寝言が日本語だったらシャドーイングが足りてないんです!!英語で寝言を言うまで毎日シャドーイングに励んで【Global conversationalist】になりましょう。

役立つ無料教材


本日のブログはNHKラジオ講座「実践ビジネス英語」の2月のビニエット【Honing Conversational Skills】の内容を抜粋させてもらいました。ニューヨークにあるグローバル企業に勤める日本人、梅村せいじが同僚のアメリカ人2人に「会話術」について相談しているという内容です。ビニエットではアメリカ人同僚2人がせいじに「パーティの場で自然に会話をしながら、人脈をつくる為の洗練されたマナー」について、具体的な例を挙げながらアドバイスしています。「実践ビジネス英語」はただの英語教材ではなくて、ビジネス教材としての価値も高いです。

スマホやPCでNHKオンラインからいつでも好きな時に無料で聞くことができるんです。英語学習者がこれを利用しない手はないでしょう。

Scroll Up