英語特区

Macaque-Monkeys-hot-spring先週テレビのニュースを見ていたら、岡山県総社(そうじゃ)市が山間地域の過疎化対策で「英語特区」に指定され、子どもの英語力強化に取り組んでいる、という興味深いニュースを聞きました。

そこで文部省のホームページに行ってみました。小学校外国語活動サイトに詳しく書かれています。文部科学大臣の認定を受けて、自治体が独自の地域の特色等を生かした特別の教育課程(小学校英語関係)を編成する学校を設置することができるんですね。

全国には沢山の教育特区がありました。「相模原市国際教育特区」の認定を受け独自の取り組みをしている学校が神奈川にもありました。

画一的な教育方法から脱却して、独自の地域性や現場のニーズに即した英語教育がどんどん発達して行くことを強く望みますね。そして受け身がちな日本人のコミュニケーションスタイルを捨て、自ら発信できる英会話スキルを身に着けていきたいですね!!

Scroll Up