遊んでるだけ?子供英会話で大切なこと教えます!

Hello!湘南二宮校・小田原校のMikaです。昨日ついに梅雨入りしましたねー!私の一番嫌いな季節です・・・。But!雨が降ってくれるおかげで多肉の水やりをさぼる事ができます!(最高!)

ん?さぼるって英語でなんて言うんだろう・・・?

場面によって使い方や単語も変わりますが、仕事やミーティング、授業やレッスンを休むことを意味する『Skip』をご紹介します。さぼると休むの使い分けは”skip”する理由によって判断します。

下記の文章を見比べてみてください。

①I’m going to skip work and go to Disney land.
②I’m going to skip work today. I’m sick.

どちらがサボるでどちらがお休みか分かりますか?.
.
.
①仕事をさぼってディズニーランドに行こう
②体調不良なので仕事を休みます

イメージつかめましたか?人間だもの。Skipしたいときもありますよね!(笑)

.
.
.

うちのこ英語に通っている意味あるかしら・・・

今日は少し保護者様の声と現場の声を混ぜつつ子供英会話について書こうと思います。

●うちのこ、英語喋れてますか?家で聞いても知らない!とか分かんない!しか言わないので心配です。

●うちのこ、英語を習いに行っているんじゃなくて遊びに行っている気がして、習っている意味がないんじゃないかなって思うんです。

保護者様からダントツに多い質問です!!

10年近く英語関係のお仕事に携わっていますが、この2つはとっても多いご相談です。

『英語でなにやったの?』『わからん!』
『英語でなにやったの?』『んー、Ipadみて、それからカードゲームした!』
 

確かに高いお月謝を払っていてこんなこと言われてしまったらピキっと来ちゃいますよね!わかります。ただ一息ついてから、下記文章読んでみて下さい。少しモヤモヤが取れるかもしれないです。

私が講師をやっていた時の経験や、日頃レッスンを見学していて思うことなのですが、子供達には”英語スイッチ”があります。教室にくるとON、出たらOff。これ本当にある気がします。

例で言うと、バイリンガルの子供が日本語で話しかけられたら日本語で返し、英語で話しかけられたら英語で返すような感覚に近いんじゃないかなと勝手に思ってます。

ちなみに中には単語の意味を日本語で知る前に英語で先に覚えてしまう子もいます。たとえば dog=犬ではなく、dog=dog。
ちなみに実際そのような相談受けたことがあり、逆に子供の吸収力ってすごい!と感激したことがあります。

うちのこに『彼女は先生です』って英語でなんて言うの?って聞いたら、わからないって答えられてショックだった。何年も通ってこれだと今後大丈夫かしら…

この子は当時小学校4年生、幼稚園から英語を習っていました。レッスンではすごく積極的に発話するタイプで、レッスン中もまったく問題もない。もちろんレッスンでは She is a teacher./He is a teacher. 性別によってShe / He も使い分け理解もできていました。もちろん先生の単語もカードを見せると teacherと理解できていました。

もしかしたらお母さんに聞かれてはずかしくて答えられなかったのかもしれません。
でももしかしたらこの子にとって、 She is a teacher.は彼女は先生ですという意味ではなく、She is a teacher.= She is a teacher. だったのかもしれません。

私は当時実際にその子に英語を教えていたので胸を張って言えます。彼は英語を英語で覚えていました。

今までの経験上、リンゴってなんていうの?と聞くと分からない~っていうけど、リンゴを見せてWhat’s this?と聞くと Apple!と答えられるお子さんとっても多いです。
そう考えると、お子様の分からない!は(日本語では)分からない!と言うだけで、実はもう英語脳が出来上がっているのかもしれないですね!

週1回の英語でも子供達は活きた英語を沢山聞きます。若い分吸収も早いと思います。お子様の分からないはもしかしたら日本語では分からないと言う意味で、じつは自然に英語を習得しているのかもしれないですね!!

ちょっと長くなってしまったので、続きはまた次回に➡