【湘南二宮校】大人の上級クラスレポ~令和~

久しぶりの投稿です。湘南二宮校、小田原校担当のMikaです!

新学期がスタートしマックスウェル英会話では毎日が怒涛のように過ぎています!新しいカリキュラム、新システム導入などなど今年は大きく変わっていくのでみなさん楽しみにしていください!

そして4月1日に待ちに待った元号が発表されましたね!
私は家族と「和」がつくのでは無いか!?と話していたので、実際元号に和がついたときはテンションがMAXになりました(笑)みなさんはどんな元号を予想していましたか?

マックスウェル英会話でも新元号の話題で大盛り上がりでした。外国人の講師も新元号に興味をすごく持っていて、この変わる特別な瞬間に日本にいられることが嬉しい!と言っていました。

そして大人上級者のグループレッスンのクラスでは、新元号「令和」の由来をレッスンを通じて確認し、更に英訳にもチャレンジしました。私は英訳を見た時に、英語だと分かりやすいけどなんか物足りない・・・!?と感じました。
本日はその英訳を含めご紹介します!皆さんもどう感じたか是非コメント下さい(^^)

【万葉集―梅の歌31首の序文】

「初春の令月、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫(かおら)す。」
(時期は初春の月夜で空気は澄んで風邪は和らぎ
梅の花は美女が鏡の前で白粉で装うように花を開き
蘭の花の香りは(高貴な人が身につける)香り袋の香りのように薫っている)

【英語訳】

The time is early spring, a happy month.
The air is serene and the wind has been softened.
The plum blossoms resemble beautiful ladies
powdering their faces in front of mirrors.
The fragrance of orchid flowers diffuse like the
scented pouches of nobility.

 

4月1日より春の2大キャンペーンを行っています!
詳細は以下のページまで!!

“春一番2大キャンペーンの詳細を覗いてみる”