さしみ食べられない!

Very simply, the foods you like are the foods you are used to. If you suddenly eat a
flavor or texture that is very different from your usual foods, you probably won’t like
it. So the foods most people like are the usual foods of their country. Your childhood
also influences your food likes and dislikes. Did you experience many different food styles
and tastes when you were young?

For many foreigners, the problem of eating sashimi is not taste. It is the texture. Raw
food feels soft and wet in the mouth. Many people are not used to this. Also, there is a
different cultural idea about food. People in many countries grow up believing that humans
eat cooked food, only animals eat raw food and that raw food is not clean.

Let’s reverse the situation by the example of two international foods. First, Vegemite is a
famous food in Australia. It has a strong taste. Sometimes when my Japanese friends try
it they feel sick or want to wash their mouth. Almost everybody hates it. But I have been
eating vegemite since I was a baby. I love it! Second, most Japanese do not consider insects
as food. But some people in Thailand and China eat cockroaches. Would you eat a cockroach?

Brett Maxwell

 とても単純なことですが、あなたの普段食べているものがあなたはお好きだと思います。もしあなたのいつもの食事よりとても異なった思いがけない味や歯ごたえのものを食べたら、あなたはおそらくそれを嫌いになるでしょう。なぜなら多くの人はいつも食べているその国の食べ物が好きだからです。あなたの子供時代の食べ物の好き嫌いも影響しているでしょう。あなたは多くの異なったスタイルの食べ物や味を若い時に体験しましたか?

 多くの外国人はさしみを食べる問題は味ではないのです。それは歯ごたえです。生の食べ物の感じは柔らかで口の中で湿った感じがします。多くの人々がこのようなものを食べたことがありません。そこには食べ物に関して異なった文化のアイデアがあるのです。多くの国の人々は食べ物とは料理されたもので、生の食べ物とは動物だけが食べるもの、清潔ではないものだと信じて育ちます。

 二つの国際的な食べ物の例で状況を逆にしてみましょう。最初に、Vegemiteヴェジマイトはオーストラリアの有名な食べ物です。それはとても濃い味です。時々、私の日本人の友人はそれを試したとき、気持悪くなるとか口の中を洗いたいといいます。(訳者注:私はそこまでではありませんが、薬品の味に感じて好きじゃないです。先生のお子様も離乳後初めて食べたものがこれだそうで、私には信じられませんがトーストに塗ったりして食べたりするそうです。)
 ほとんどの人はこれが嫌いです。しかし私は赤ちゃんの時からヴェジマイトを食べています。大好きです!二番目に、ほとんどの日本人は虫を食べものとは思いません。しかしタイと中国のある地方ではゴキブリを食べています。あなたもゴキブリを食べてみませんか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up