中学校とのつながり

EIKEN and TOEIC test study is clearly marked in our advertising. However we often
have parents of junior high or high school students asking us to help improve their
children’s test scores. Today I want to tell the story of one of my students. He is a 2nd
year student at a nearby public junior high school. He started lessons with me earlier this
year. His test scores generally were poor in all subjects. His 1st year English score was
approximately 40%.

My lesson style is to give students the skills to be successful on their own. I’m happy that
not just English, all his subjects have improved significantly this year because of better
study habits and skills. He set a goal of over 85 points for the test last week and was
quite disappointed to only get 81 points. For me, the average score was quite interesting.
The average score for the test was only 52 points!

According to my student’s information, usually 25% of students in his grade gain scores
above 70 points or more. 60% of students gain scores of 20-40 points. He also thinks more
than half of students attend juku. I asked my student what he thought is the factor causing
such a gap in scores. He answered that while study habits are always important, the students
learning English from a young age have much more confidence. They believe English is their
second language and they expect themselves to do well. He said other students give up
more quickly when they don’t understand. For them, even if they go to juku, English is a
foreign thing.

BRETT MAXWELL

私どもの学校では、英検やTOEICテスト対策の学習クラスをわかりやすく宣伝しています。しかしながら、中高生の保護者の方からテストの点数を上げるようなレッスンをお願いされることがしばしばあります。今日は私のある一人の生徒についてお話したいと思います。彼は近所の中学校の2年生です。彼の学校でのテストの点は全ての教科においてあまり良くありませんでした。1年生のときの英語のテストは100点中40点くらいでした。

私のレッスンスタイルは生徒自身で目標を達成できるように導くことです。この生徒がよりよい学習習慣と方法を身に着けたことによって、今年英語だけでなく、全ての教科において、目覚ましい上達があったことに私は喜んでいます。彼は、最近のテストの目標点を85点にしました。しかし、81点しか取れなかったとかなりがっかりしていました。テストの平均点が私の興味を引きました。たったの52点だったのです。

彼の話によると、同学年の約25パーセントが70点以上を取っているそうです。そして60パーセントの生徒が20~40点代だそうです。そして半分以上の生徒が塾に通っているようです。大きな点数の差は何に原因があると思うかと、生徒に尋ねました。学習習慣が常に重要である一方で、幼いころから英語を学習している生徒たちはさらに自分の英語力に自身を持っていると答えました。彼らは英語を第二外国語としてとらえ、より良く理解しようとしています。他の生徒たちは、英語がわからないとすぐにあきらめてしまうと。彼は言いました。その様な生徒たちにとって英語とは、たとえ塾に通っていたとしても、なじみのないただの外国のものとしてとらえられているのでしょう。

ブレット マックウエル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up