小学校と中学校の学習違いとは?

Last year I taught in 2 public elementary schools. This year I’m teaching in 2 junior high
schools of the same town. There is a large gap in the teaching, testing and study styles
between elementary and junior high. The problem is that when children move from elementary
to junior high, nobody tells them about this gap, how to adapt or what they need to do to
be successful. Elementary teachers don’t know about junior high and junior high teachers
don’t know about elementary.

Junior high teachers teach their subjects but they are not teaching children how to study at
junior high level. Jukus profit greatly from this gap. During elementary school a son or
daughter may have done quite well in tests. After the first major tests of 中1 and scores
are down, parents panic and send their children to jukus to fix the problem. But what is the
problem? At elementary school students can get by with irregular study and a cloudy type of
knowledge. At junior high students need to have a categorized and precise sense of knowledge.
They need a greater concentration to aim for perfection. They need to have a self-made and
self-analyzed study program which checks one’s strong and weak points and predicts likely
test questions.

Children that notice how junior high requires a different mode make the switch by themselves
and do well. Children that are slow to switch styles quickly fall behind and usually stay
behind. This is the disappointing aspect of junior high. Children who fail at junior high
believe they are not intelligent. This is not true. They simply made the mode switch a few
months too late. Meanwhile, 80% of my schools’ students go to juku but the average English
test scores remain between 50-60%, the top are the top and the bottom are the bottom.
No change!

BRETT MAXWELL

昨年私は二校の公立小学校で教えておりました。今年私は同じ地域にある二校の中学校で教えています。
小学校と中学校にはテストの方法、教え方など大きなギャップがあるのです。この問題とは小学校から中学校に子供たちが上がる時に誰もこのギャップについて教えてくれず、どうやって適合し、好結果を残すために彼らは何をする必要があるか分からないのです。小学校の教師は中学校について詳しくは知らないですし、中学校の教師も小学校については詳しくは知らないのです。

中学校教師は各科目については教えますが、子供たちに中学生レベルでどういった勉強をしていくべきかは教えません。塾はこのギャップには有益です。うちの息子や、娘は小学校まではテストがよくできたということがあるかもしれません。そして中学1年になった最初の重要なテストで点数が下がるのです。保護者の方はパニックになりこの問題を解決するために 子供たちを塾へと送るのです。しかし問題はなんなんでしょうか?小学生は定期的に勉強せずとも大体の知識でやっていくことができます。中学生になると分類された正確な知識が必要となってきます。彼らが完璧を狙うためには大変な集中力も必要になってきます。自分で作り上げ、自己分析をした勉強計画が必要で、それには自身の強み弱みをテストの質問のように正確にチェックする事が大切になってくるのです。

中学というのは違う方法が要求され、それに気づきスイッチを自身で切り替えた子供たちがよくできるのです。普通、そのスイッチの切り替えを容易にできずにいる子供たちの場合、どんどん置いてきぼりをくらう結果となってしまいます。これが中学生活をだめにする側面なのです。中学で失敗した子供は利口とではないと思われがちです。これが真実ではないのです。彼らはスイッチの切り替えが少し遅れただけなのです。その間に8割の生徒が塾に行きますが英語のテストの平均点は50点から60点にとどまります。できる子はできますし、できない子はできない。変わりはないのです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up