帰国子女

When Japanese parents bring their children back to Japan from English speaking countries,
they face many dilemmas about how best to direct their children’s education and language
development. For many parents, the first problem may be kanji. Are their returning kids’
Japanese reading and writing level equal with other Japanese kids of the same age? The
second problem is how to continue their kids’ English development. It is possible for
children to be complete bilinguals with both English and Japanese being equal first
languages. But the danger is that kids become 50% of both languages but not 100% in either.

I am now advising a family that recently came back to Japan. The oldest boy is 11-years-old
and attempting EIKEN pre-1st grade. He speaks English just the same as any American boy.
Because he was 11-years-old when he came back, he will always be able to speak English
naturally as a native. However, if he doesn’t continue to read and especially write English,
he will remain at the level of an 11-year-old. Could you imagine a 25 or 30 year-old
Japanese man speaking English like an 11-year-old? This is the danger for this boy. My
advice to the parents is reading and writing lessons of adult level English.

The younger brother and sister are 5 and 6 years-old. They are still in the process of
becoming natives. These kids have a very small English vocabulary but they already think in
English and have a natural understanding of the shape of English sentences. This means
that they feel English grammar naturally. They also have a natural accent. The danger for
these kids is that they will forget English and lose their English advantage. My advice is
to put these kids in a regular English environment. Beacause kids at this age are primarily
environmental learners, these kids need an English world at least once a week. This means
lessons with a native where the curriculum slowly introduces the vocabulary of 7, 8, 9 and
10-year-old American kids.

Parents can use cable/satellite TV so that their kids continue watching English TV,
I recommend the Cartoon and Disney channels. Various programs can also be watched on
the Internet.

Brett Maxwell

英語を話す国より、日本人の両親が子供と日本に戻った時、彼らは子供の教育と言語の発達をどのようにより良く伸ばすか多くのジレンマに直面します。多くの両親にとって、初めの問題といえば漢字かもしれません。帰国子女の日本語のリーディングとライティングのレベルは他の日本の同じ年の子供達と同じでしょうか?
第二の問題としては彼らの英語の発達をいかに続けさせるかでしょう。子供は英語と日本語を等しく第一言語として完璧にバイリンガルになることは可能です。しかし危険なのは、両方の言語とも半端になってしまい、どちらの言語も100パーセントにならないことです。

 私は最近日本に帰ってきたある家族にアドヴァイスをしています。一番上の男の子は11歳で、英検準1級受験に挑戦します。彼はちょうどアメリカの男の子と同じように英語を話します。何故なら、戻ってきたとき彼は11歳で、ネイティブのように自然にいつも英語を話すことができるからです。しかしながら、もし彼が英語を読んだり、特別に書くことを続けないと、彼の英語のレベルは11歳のままに留まってしまうでしょう。あなたは25歳もしくは30歳の日本の男性が11歳のように英語を話すのを想像できますか?これはこの男の子にとって危険なことです。私は、両親に対して大人の英語のレベルの読み書きのレッスンをすることをアドヴァイスしました。

 彼の下の弟と妹は5歳と6歳です。彼らはまだネイティブになるプロセスにある状態です。これらの子供はとても狭い英語のボキャブラリーですが、彼らはすでに英語で考えることができ、英語の文章の形を自然に理解しています。これが意味するのは、彼らは英語の文法を自然に感じているということです。また彼らは自然なアクセントを習得しています。これらの子供に危険なことは彼らが英語を忘れてしまうということと、彼らの英語が別の子供と比較して優越性を失うことです。私のアドヴァイスは子供達をたびたび英語の環境に置くということです。何故なら、この年の子供達は本来環境から多くを学ぶので、少なくとも1週間に一度は英語世界が必要なのです。これらが意味することは、7,8,9、そして10歳のアメリカの子供達のボキャブラリーをゆっくりと身につけさせていくネイティブとの授業が良いということです。

 ご父兄の皆様は英語のテレビを見るためにケーブルテレビや衛星放送などを利用することができます。私はカートゥーンステーション(アニメ)やディズニーのチャンネルをおすすめしました。さまざまなプログラムはインターネットでも見ることが可能なのです。

ブレット マックスウェル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up