日本の国際コミュニケーション力

By time and cost, Japan puts much more effort into learning English compared to many
other countries. And yet, Japanese people’s international communication ability is famously
poor. What are the core reasons for this situation?

The first reason is psychological and emotional. Most Japanese people see English as a foreign
language. Because of this attitude, many Japanese people, and especially Japanese students
see English as a subject to study, not a tool to use. When Japanese people accept English as
their own possession, the ability will quickly improve. So English should be considered a
second language, not a foreign language.

Second is the education system, which links from the first point. Japan’s English education
pushes students to remember more and more English. TOEIC study is similar. But how much
English you can remember does not link to practical skill. Very simply, if you can’t make
English sentences, you can’t speak. So students need chances to create their own original
English sentences in every lesson. This is called ‘output’. But Japan’s English system is
almost completely ‘input’. The result is non-practical passive outcome.

Third is the business of English. Generally, Japanese people are not sophisticated consumers
of English. This means they cannot judge if something is good or bad quality. For example,
the largest selling English product is a CD promoted by a popular golfer. This CD cannot
improve most people’s English speaking ability. Why? Because it is a passive learning system
that concentrates on input only. As usual, a lot of sales, a lot of money and little result.

BRETT MAXWELL

英語を学ぶ事に関して、日本は時間とお金の面から言えば、他の国よりもたくさん努力していると言えるでしょう。
日本人の国際舞台でのコミニケーション能力低さは残念ながら有名な話です。
こういった状況の核心的理由は一体なんでしょうか。

初めに考えられる理由は、心理的なものと感情的なものだと言えるでしょう。
ほとんどの日本人は英語を外国語ととらえています。
こういった姿勢がたくさんの日本人見受けられ、特に英語を勉強の一部と見て、
話す道具の一つだとは思っていないからではないでしょうか。
日本人が英語は自分たちの一部だと考えれば、能力が格段に上がるでしょう。
よって英語は外国語ではなく、第二言語として考えられるべきです。

第二に、教育システムの最初に指摘したところと結びつくのです。
日本の英語教育は生徒たちにたくさん記憶するようにするだけの詰め込み式です。
TOEICの勉強も同じようなものです。しかしどれだけ英語を覚えれるかは、実際に英語を使えるかとは結びつかないのです。
とってもシンプルな事です。もしあなたが英語の文法を作れないなら、あなたは英語は話せません。
よって生徒は毎回のレッスンで自分だけのオリジナルの英語の文章を作り出すということが重要になってきます。
これはアウトプット(生産する)といいます。
だけど日本の英語教育はほとんど完全にインプット(入力する)だけなのです。
その結果は、実践的でない受け身な結果なのです。

第三にビジネスにおける英語です。一般的に日本人は英語市場の消費者としては決して洗練された消費者とは呼べません。
これの意味する事とは、彼らはそれが良い質のものなのか悪い質のものなのかを判断する事ができないという意味です。
例えば、人気ゴルファーによってCMされている英語のCDが大きな売上を上げていることです。
このCDではほとんどの人が英語力を改善できないでしょう。なぜ?
それはこれは受け身で学ぶシステムで、インプットだけに集中しているからです。
よくあるようにたくさんの売上を上げている、たくさんお金がかかるでも結果は少ししかついてこない。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up