日本はチップがいらない

Alburr comes from Manchester in England. He is a new teacher based at our Ninomiya school.
I asked Alburr what he thinks are the good points of living in Japan. He said he thinks
Japanese service is better than British service. Generally, I think service is better in
Japan than my country, Australia. Sam, an American teacher also agrees that Japanese service
is generally better than the USA. But the thing Sam and I always argue about is tipping.
There is no tipping in Australia. American friends have explained to me when to tip and how
much to tip many times. Even so, I can’t understand it clearly.

Sam explains to me that tipping is important in America because service salaries are so low.
Service workers cannot live by their base salary and need tips to gain a proper salary.

I have several questions about whether a tipping system is good. The first question is a
social question. Why is it okay for employers to pay such little money that workers cannot
live? This creates social inbalance between rich and poor. My second question is an economic
question. Is it good that such a large proportion of a national economy is paid without tax
nor recorded as GDP?. This creates tax distortions that reduce tax fairness. My last
question is a moral question. Should staff give good service because they take pride in
their work, or should staff give good service only if they think they can get a tip? This
affects fundamental ideas about work motivation and customer/worker relationships.

I think there are social, economic and moral reasons why tipping is not a good system. But
my American friends disagree. One thing is clear. There is no tipping in Japan and Japanese
service is good!

BRETT MAXWELL

アルバーという名のイギリスのマンチェスター出身の新しい講師が二宮に来ました。私がアルバーに日本に住んでいて良いと思う点は何か?と尋ねたところ、日本の方がイギリスよりもサービスが良い、という返事が返ってきました。私も一般的には、私の国オーストラリアよりも、日本のサービスのほうが良いと思います。アメリカ人講師のサムも、アメリカよりも日本のサービスの方が良いと言っています。しかし、いつも私とサムの間で議論するのが、チップについてです。オーストラリアではチップを払う習慣がありません。アメリカ人の友人達は私に、いつ、どうやって、いくらチップを払うのかを何度も説明してくれました。でも、私にははっきり理解できません。

アメリカでは、サービス業界の給料が低いのでチップが必要であることを、サムは私に説明してくれました。サービス業で働いている人々は、会社から支払われる給料だけでは暮らしていかれないので、足りない分の給料を埋め合わせるのに、チップが必要なんだそうです。

チップについて私はいくつかの疑問を持っています。まず最初の疑問は、社会的な問題です。経営者が、従業員が十分に暮らしていかれないような低い賃金を払うことが、何故許されるのでしょうか?これは富裕層と低所得層の社会的な格差を生み出しています。二番目は経済的な疑問です。国内の経済において、ある程度の割合を占める収入が課税されずに、GDPにも反映されないと言うことは良いのでしょうか?これは課税制度の平等性をおとしめるののではないでしょうか?最後は道徳的な疑問です。サービス従事者は自分の仕事に誇りを持ち、良いサービスを提供すべきなのではないでしょうか?それとも、チップを得る為だけに、良い仕事をするべきなのでしょうか?このことは、仕事に対する動機付けと、お客さまと従業員との関係の基本的な理解に影響してきます。

私は社会的、経済的、道徳的な理由からチップが良いシステムだとは思いません。しかし、アメリカ人の友人達は私の意見には不賛成です。ひとつだけはっきり言える事があります。日本にはチップの制度がありませんが、日本のサービスは良いということです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up