日本語できる英会話講師

Almost all Maxwell English teachers speak Japanese very well. The remaining one or two
teachers are learning. Why is it better when a native English teacher can speak Japanese?

1. The first reason is that the teacher understands what it feels like to learn a second
language. This experience gives the teacher insights into the struggles and processes
of learning another language. It helps teachers understand the perspective and needs of the
student. My personal opinion is that it also helps a teacher more accurately identify the
vocabulary and grammar level of the student and teach to that level. Why is this logical?
Could you imagine a tennis coach that has never played tennis? A bus driving intstructor that
has never driven a bus? A cooking instructor that has never cooked?

2. The second reason comes from linguistic theory called ‘Contrastive Analysis Hypothesis’
or CAH. CAH is the anaysis of where languages are the same or different. If a teacher knows
where Japanese and English overlap, the teacher can expect easy learning and smoother using
among students. When the teacher knows certain English doesn’t exist in Japanese, the
material must be taught in a way that bridges the conceptual gap. For example, why don’t
Japanese students properly grasp when and how to use present perfect, past perfect or future
perfect? Why are some students unable to use what was taught? Teachers that don’t speak
Japanese don’t know where the conceptual gaps are, and don’t know why their students speak
in a certain way or make certain mistakes.

I am not discussing the use of Japanese language in English lessons here. That is a completely
different topic for a future blog. What I am saying is that English is a foreign language in
Japan where students learn the basics via grammar-translation method at junior high school.
Japanese people conceive English through their first language. Teachers that speak Japanese
understand how their students try to speak English, know why and how students have problems
and can assist them more effectively.

Brett Maxwell

マックスウエルのほとんどの講師が日本語を上手に話します。1人か2人はただいま日本語勉強中です。ネイティブ英語講師が日本語を話すことができるとなぜ良いのでしょう?

1.第一の理由は第二言語学習がどんなものであるかを講師が理解できるからです。ネイティブが日本語を学習することにより、第二言語を苦労しながら習得するプロセスへの洞察力を養うことができます。このことは、生徒の視点やニーズを理解するのに役立ちます。私の個人的な見解ですと、このようなことはより正確に生徒の語彙力や文法力を知ることにも役立ち、生徒に合った指導をすることができます。なぜかって?テニスを一度もしたこがないテニスコーチや、バスの運転経験の無いバス運転の指導員、料理をしたことが無い料理の先生を想像できますか?

2.第二の理由は対照分析仮説CAHと言われる言語学の学説によるものです。CAHは言語間において同じ所、違う所を分析しています。もし講師が日本語と英語で一致する部分を知っていたら、生徒たちにとってその言葉を覚えることは簡単で、スムーズに使うことができると想像できます。ある英語の言葉が日本語には置き換える言葉が無ければ、概念的なギャップをつなぐ橋を渡すようなやり方で、素材となる言葉を教えていかなければなりません。例えば、なぜ、日本人生徒はいつ、どうやって現在完了形、過去完了形や未来完了形を使えばいいのか正確に把握することができないのでしょうか?なぜ教えられた事が、使えるようにならない生徒がいるのでしょうか?日本語を話さない講師は概念的なギャップを知ることができません。なので、生徒達がなぜある決まった話し方ばかりすのか、とか、同じ間違いを繰り返すのかを知ることができません。

私は英語のレッスンで日本語を使用することについて言っているのではありません。これは全く別のトピックですので、将来ブログにのせたいと思います。私が言っているのは、英語は日本では外国語であるということです。生徒達は中学生時代に基本的には文法や翻訳を通して学習しています。日本人はまず母国語の日本語を通して英語を想像していきます。日本語を話す講師は生徒達がどうやって英語を話そうとしているのかを理解し、生徒達がなぜ、どのように疑問を持つのかを知り、より効果的に手助けすることができます。

ブレット マックスウエル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up