自分の子供も英語ができない日本人になってもいいの??

Imagine the world of 2030. This is the time when our elementary age children will be making
their careers. Imagine the world of 2040. This is the time when our elementary children
will be the key staff in their company and beginning their own family.

Imagine computers and i-phones 1000 times more powerful than today. All business thinking is
global. Daily communication for average workers is international. The speed of change is
accelerating and everyone must constantly adapt to instant economic changes. Each person’s
success depends on their ability to communicate internationally.

This is our children’s future.

Now that we know this future is definitely coming. The question is how to give them skills to
be successful in this future.

BRETT MAXWELL

西暦2030年の世界を想像して見て下さい。その時、現在小学校に通っている子ども達は、社会へ出て仕事をしているでしょう。2040年を想像して見て下さい。その時、今、小学校に通っている子ども達は社内で重要なスタッフとなり、自分達の家族を持ち始めている頃でしょう。

コンピューターやiフォンが今よりも1000倍の進化を遂げている未来を想像して見て下さい。全てのビジネスがグローバル化し、職場での通常のコミュニケーションは国際化されています。社会の変化の速度は加速し、瞬時に変って行く経済状況に合わせて、私達も変化し続けなければならないでしょう。社会で成功できるか否かは、各自の国際的なコミュニケーションの能力次第です。

これが私達の子ども達の未来です。

このような未来は確実にやって来ます。問題はどうしたら、将来の成功を約束する国際的なコミュニケーションスキルを、子ども達は手に入れることができるのでしょう?

ブレット マックスウエル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください