英文法を教えること

マックスウェル英会話

Writing or speaking English is a similar skill. Both require active creation of an English

sentence. Creating an English sentence requires words to be put together in the correct
order. So grammar is a fundamental component of speaking and writing. Despite being so
important, so many students really dislike english grammar. What causes this problem?
I started teaching in Japanese junior high schools in 1991 and after watching Japan’s
grammar teaching for about 20 years, I generally believe the reason for so many Japanese
students disliking English is poor grammar teaching.

POOR GRAMMAR TEACHING – Teachers often introduce grammer by it’s terminology. They say
“This is the passive. This is the gerund. This is the relative pronoun.” From introducing
the terminology they show examples of the grammar in sentences. In any class, only a few
elite students will be able to follow such explanation and even then, they will be
unlikey to practically use the pattern. The remaining students will believe English is
too complicated for them and they should just give up.

BETTER GRAMMAR TEACHING
Language is a system of concepts. Concepts are ways of thinking about the world. Students
can easily catch basic concepts. How those concepts differ from their own language is
interesting and sometimes exciting for students. After students catch the concept, the next
step is to examine how the concept is expressed as a pattern rule. From here, students
should try to use the pattern rule to express concepts from their own feelings and daily
life.

The quality of a grammar teacher or textbook is determined by how well the concept
is first introduced to students. If you are a student struggling to learn grammar, my advice
is to find the concept first, this is the key point.

 

英語を書く事と話す事は同じようなスキルです。両方とも英語の分を作り出す事が要求されます。

英語の分を作るという事は、言葉同士をきちんとした順序でつなげるという事です。
つまり文法は話す事と書く事を基礎として構成されているのです。文法がこれほど重要なものにも関わらず、
大多数の生徒が英文法を好きではありません。何が要因となっているのでしょうか?
私が日本の中学校で教師を始めたのは1991年でした。その後日本の英文法の教育法を約20年も見てきました。
日本多くの生徒が英語を苦手だと思う原因は英文法の教え方の質の悪さにあると思うのです。

質の悪い英文法の教育ーほとんどの場合講師は英文法を術語学を用いて紹介します。
彼らは「これ受動態で、こちらが目的語です。そしてこっちが関係代名詞です。」などと説明をします。
文章の中の文法の例を術語法を用いて紹介しているのです。
どのクラスでも一握りのエリート生徒のみがこの説明を理解でき、それでもこの学習したパターンを
実際に活用する事は難しいでしょう。そして残りの生徒は思うのです。英語はなんて複雑なんだ…諦めよう
より質の良い英文法の教育ー語学とは発想により組織されています。発想は世の中について考えるいろいろな方法です。
生徒にとってベーシックな発想を持つことは容易です。それらの発想がそれぞれの言語において違う事はとても興味深く、
好奇心をかきたてます。生徒たちがその概念をつかみ始めたら、次のステップは決められたパターンに沿って、表現をすることです。
ここから生徒は決められたパターンを使い、日常生活の事や自分の思う事を発想するべきなのです。

どのように発想、表現していくかという事は、初めに講師や教科書などにより文法を紹介された時に決まるでしょう。
もしあなたが文法で手を焼いているなら、私のアドバイスは初めにどうやって言いたいことを発想していくかを見つけ出すことです。
これがキーポイントとなるのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up