英語の味

Although our new teacher, Kenneth has more than 4 years teaching English in Japan, we give
extensive training. Kenneth started training this week. He will begin his own lessons
in March. Yesterday Kenneth watched lessons and we finished the day talking about theoretical
aspects of language learning. After training we relaxed and talked about many things with our
office manager, Ono-san.

Kenneth and I talked about the differences of English among various countries. The language
is the same but the rhythm, intonation and sometimes accent are a little different. For
native speakers this difference feels like a different flavor. For example, let’s imagine
jam. Jam is basically the same type of food but there is strawberry jam, raspberry jam
and blueberry jam. Trying a slightly different flavor is always interesting.

Maxwell English seeks to give students a wide experience of different English flavors. Kenneth
is British, Sherri is Canadian. Sam and Robert are American, Brett, Leanne and Clancy are
Australian. We have a nice balance of English flavors. Trying each flavor is part of the
international experience of speaking English.

Brett Maxwell

私達の新しい講師、ケネス先生は日本で英語を4年間以上教えていますが、私達は彼に長い研修をお願いしました。そしてケネス先生は今週から研修に入り、彼自身のレッスンは3月に始まります。
 昨日ケネス先生はレッスンを見学し、言語学習の理論について話しながら一日を終えました。研修の後、私達はリラックスし、オフィス担当の大野さんと一緒にたくさんのことを話しました。

 ケネス先生と私は、言葉は同じでも、リズム、イントネーションや時々アクセントが微妙に違う様々な国の間の英語の違いについて話しました。ネイティブスピーカーはこの違いを違った味わい(風味)のように感じます。
たとえば、ジャムをイメージしてみてください。ジャムは基本的に同じ食品ですが、イチゴジャム、ラズベリージャムやブルーベリージャムのように違う味わいがあります。わずかに違う味を試すことはいつも面白いことです。

マックスウェル英会話は、異なる英語を味わう幅広い体験を生徒様に提供しようとつとめています。ケネス先生はイギリス人、シェリー先生はカナダ人、サム先生とロバート先生はアメリカ人、私、リアン先生とクランシー先生はオーストラリア人です。私達は良いバランスの英語の味わいを持っています。それぞれの風味を試すことは英会話の国際的体験の一部なのです。

ブレット マックスウェル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up