英語より中国語は大事になるか?

Will America and English language will remain a strong and important in the future. YES! The
British empire reached its peak in the 1880’s and 1890’s. More than 100 years later Britain
is still a very powerful country in politics, economics and culture despite having a
population of only about 50-60 million people. American power is probably past its peak but
it will continue to be a powerful country for a long, long time. The reason English became
the standard international language is mainly because Britain and America, two English
speaking countries have dominated the last 200 years.

British and American culture heavily influence thinking in the world on topics such as
lifestyle, freedom and human rights. Their political and legal systems are very advanced.
China doesn’t have an advanced political system nor history of exporting its culture. Right
now China is very quickly importing western culture and language as a natural process of
social and economic modernization. A good model for this is Japan. Even though Japan’s
economy became strong in the 1980’s, Japan absorbed and imported western culture and
English.

Other combination factors also inhibit the export of Chinese language. Similar to Japan,
China is likely to experience a bubble some time in the 2020’s. At that time its politics
will probably change and it may even break into several different countries. It takes many
decades to properly implement education systems, especially if the writing system is complex. The world
would not be able to learn Chinese quickly. Also, Chinese is not exactly one
language. It is certain Chinese language and culture will influence us more as China
grows stronger. But English will remain the international language business, politics and
culture in the 21st century.

BRETT MAXWELL

アメリカと英語は将来大きな影響を及ぼしているでしょうか?
そうです!イギリス皇帝の統治はそのピークを1880年かと1890年に迎えました。
たった50万から60万人という人口だったにも関わらず、100年以上政治的、経済的、文化的に強い影響力を及ぼしていました。
アメリカが影響を及ぼすピークは既に過ぎたと思われます。しかしまだしばらくはとても影響力のある国として続くことでしょう。
英語が国際的な言語となった理由の主は、イギリスとアメリカ二つの英語を話す国が200年以上大きな支配力を持っていたからでしょう。

イギリスとアメリカの文化は世界の思考に重く影響を与えてきました。例えばライフスタイルだったり、自由さだったり、人間の権利などです。
それらの政治制度や法律は進化しています。
中国には進化した政治制度もなければ、自分たちの文化を他国に排出した歴史もありません。
現在の中国は社会や経済の近代化に伴う自然の摂理とし、容易に西洋文化や言語を取り入れています
このよい例は日本です。日本は1980年に経済が強くなり、西洋文化を吸収し、輸入し英語を取り入れていきました。

その他の様々要因が中国語を外へ伝える妨げとなっています。
日本同様に中国は2020年頃にバブル期を迎えるでしょう。その時政治はきっと変わり、いくつかの国に分かれるのではないかと思うのです。
適切に教育の組織を変えるには何十年という時を要します。特に書くシステムが複雑な場合です。
世界が中国を学ぶのは簡単ではないでしょう。中国語というのは一つだけの言語でもありません。
中国語とその文化が与える影響は中国経済の発展と共に強くなるでしょう。
しかし21世紀は英語がビジネス、政治、文化間で国際的な言語として存続するでしょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up