英語力足りない広島

During the summer vacation I visited Hiroshima for the first time. I also visited the famous
Utsushima Shrine at Miyajima. Today I’m going to discuss business. Although I am a career
language teacher, I also have an MBA majoring in marketing and projects. Tourism is one
of the best ways to bring money into a country. No building or supplying parts as in other
industries. Tourists simply bring lots of money to spend. The challenge for local shops and
businesses in tourist areas is giving them good chances to spend money.

So with so many foreign tourists visiting Hiroshima and Miyajima every day, isn’t Hiroshima
getting rich from all the tourists? I don’t think so. It seemed to me that shops and
restaurants in Hiroshima are separated into two categories. One category is for locals and
the other is for foreigners. My impression is that selling food, goods or souvenirs to
foreigners is seen as a specialized thing that regular shops cannot do. For example, it
seems most tourists eat at either fast food restaurants or inside their hotels. Why don’t
okonomiyaki restaurants try harder to get foreign customers? Even on Miyajima island, where
10% or more tourists appeared to be foreign, the most English marketing I saw were
occasional English signs. There were very, very few English signs in downtown Hiroshima
and there was no real attempt to speak English outside ‘foreigner venues’. So as a tourist,
I didn’t feel a warm welcome.

My conclusion is that Hiroshima’s marketing to foreign visitors is quite passive. And as
a result, general businesses and people of Hiroshima are missing many many billions of yen
every year. Is Hiroshima so rich that it can ignore foreign customers? I don’t think so.
In a way, this is a warning to all of Japan. Improve your English skill or lose business
chances.

BRETT MAXWELL

夏休みに、初めて広島に行ってきました。有名な宮島の厳島神社も訪問しました。
今日は、ビジネスについて話をしたいと思います。私は長年英語教師をしていますが、マーケティングと経営学の修士課程も取得しています。観光事業は、国にお金をもたらす最善の方法です。他の産業のように、建物や供給品も要りません。観光事業は、費やしてくれる多くのお金をもたらします。観光地にある地元のお店や商売は、頑張れば儲けられるチャンスに恵まれるでしょう。
広島や宮島に毎日多くの外国人観光客が訪れてくれるお蔭で、広島は果たして裕福になっているのでしょうか。私は、そう思いません。広島の店やレストランは2種類に分かれているように思います。1つは地元の人達向け、もう1つは外国人向けです。私の印象として、外国人に食べ物や物品、お土産を売るということは特別なことであり一般のお店にはできないように思います。例えばほとんどの観光客は、ファーストフードか自分達が泊まっているホテルで食事をします。なんで、お好み焼き屋は外国人のお客をもっと呼び込まないのでしょうか。宮島でさえ、10%以上の外国人観光客が訪れるのに、目にした英語での市場活動といえばたまに見かける英語の看板。広島の繁華街で英語の看板は本当に本当に少なかった。外国人が集まる場所以外で英語を話してみようとは思えませんでした。観光客として暖かく歓迎されている気分になれませんでした。
外国人観光客に対する広島の市場活動は、全く消極的だというのが私の結論です。結果として広島では全般に商売や人々は、毎年何兆円も失っている。広島はお金があるから外国人のお客さんに関心を払わないのでしょうか。そうではないですよね。ある意味、日本全国に対する警告です。英語力を養いましょう。でなければ、ビジネスチャンスを失いますよ。

ブレット マックスウェル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up