英語学習が小学校で始まる

Elementary students are back to school and lessons have already started. English studies will
now officially start in Yrs. 5-6 of elementary school across the country. What can Japanese
parents expect from these lessons?

Yr. 5-6 students will have lessons at a pace of approximately one lesson per week. Lessons
are to be communicative. This means speaking and listening rather than reading and writing.
This puts a burden on homeroom teachers to speak lots of English. Despite this, homeroom
teachers have received little or no training (depending on their school and district). I
think the resource text, called 英語ノート isn’t very useful. Because many of its activities
are listening to a cd and marking a box, the activities are passive and will finish quickly.
So what will the teacher teach for the rest of the lesson? In any case, the new government
will probably stop 英語ノート next year as part of budget cuts.

Some towns and cities employ part-time foreign instructors known as ALT’s. In schools
with ALT’s, homeroom teachers are pressuring their school to have all English lessons
taught by ALTs. My town is very positive about teaching English in elementary school and it
has a long history of employing ALTs to teach English in elementary schools. Even so, at the
2 local elementary schools where I work, most homeroom teachers see English as an extra
burden and are trying to avoid teaching it.

So what can we expect from the introduction of English Studies at elementary
schools? Unfortunately, not much. Who should we blame for this half-hearted attempt
to teach English? Should we blame homeroom teachers? I don’t think so. Their reaction is
quite understandable. Should we blame budget cuts? No, Japan has long spent vast sums
inefficiently on English education with little result. For me the problem is
clear. There is a lack of clear leadership at every level. Leadership is the key
ingredient for creating any kind of quality education.

BRETT MAXWELL

小学校では新学期が始まり、児童達が学校に戻ってきました。日本全国で、小学校5年生、6年生の英語の授業が正式に段階的に始まります。小学生の保護者の方達は、この小学校で始まる英語の授業に、何を期待することができるのでしょうか?

 5、6年生は原則的に週一回の英語の授業を受けていきます。授業は会話に重点がおかれ、読み書きよりも、話すことや聞く能力を伸ばす為の内容になっています。所属している学校や地域にもよりますが、担任の先生は十分な研修を受けていないにもかかわらず、大量の英語を話さなければなりません。私の意見では、残念ながら、英語ノートと呼ばれている現在使用されている教材はあまり役には立ちません。多くの活動がCDを聞いて正解を選ぶのもので、受身の作業で直ぐに終わってしまうものだからです。担任の先生達は残った授業時間で何を教えていけばよいのでしょう?まあ、でも、来年度は民主党の予算仕分けにより、英語ノートは廃止されることでしょう。

 ALTと呼ばれる外国人の指導助手講師を雇っている地域もあります。ALTのいる学校では、担任の先生達が全部の英語の授業をALTによって行うように自分達の学校へ強く働きかけています。私が住んでいる地域ではかなり前から長い間ALTを雇っており、小学校での英語教育に非常に力をいれています。それでも、私が働いている2つの小学校では、ほとんどの先生達が英語の授業を余分な負担だと感じて、英語を教えることを避けようとしています。

 では、私達は小学校での英語授業の導入に何を期待できるのでしょう?残念ながら、あまり効果は期待できません。この中途半端な英語授業の導入は誰の責任なのでしょうか?担任の先生に文句を言ったところで何も解決しないでしょう。予算削減が原因でしょうか?それも違うでしょう。日本は長い間、巨額の教育予算を英語教育に注ぎこんできましたが、その成果はほとんどありませんでした。私から見れば原因は明らかです。あらゆる点において、国や県や地域や町などの各段階のリーダシップが問題点です。質の高い教育を行うには、リーダシップが重要な要素なのです。

ブレット マックスウエル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up