英語=算数+スポーツ+音楽+演技+運転など!

The practical skills of English have much in common with other common human activities.
The rules of order for most sentences are simple. Is the sentence in the past or future.
Is it plural? Is it a ‘be’ verb or regular verb? According to this, the sentence
construction is decided. It is possible to compare the making of English sentences with
elementary school level math, but at very high speed. We have to calculate sentences
at high speed according to set rules.

Any tennis player knows exactly how to serve and hit the ball. The player can imagine the
movement in their mind. But the player has to control their arms and legs exactly as they
imagine. This takes practice. Speaking English words is the same but the muscles in the mouth
are much smaller and the control much finer. Imagine playing the piano or guitar. The muscle
movements need fine control. Music is also a good example because of listening. Listening and
understanding English is similar to listening to music. An untrained person hears noise or
just a basic melody. A trained person hears every small detail.

Immediate improvisation is also required to speak English. Actors study how people react in
daily situations and then simulate it. Actors also rehearse various situations. Good English
speakers have rehearsed shopping, ordering, relaxing and even arguing in English. They can
also create an English atmosphere by simulating English body language. A good sports player
doesn’t only have skill, he or she is creative and constantly adapting to the flow of the
match. Perhaps this is similar to driving a car.

Speaking English requires a certain amount of basic knowledge. But the skill of how to apply
that knowledge can be similar to other human activities. If you have some experience with
math, sports, music, driving or other activities with similar skill attributes, you can
apply that experience to better understand how to practice English and develop your English
skills more quickly.

BRETT MAXWELL

英語における実践的なスキルは、他の日常の人間活動と多くの共通点があります。ほとんどの文章の順序の規則は単純です。過去の事ですか?あるいは未来について述べていますか?複数ですか?Be動詞ですか?もしくは一般動詞ですか?以上のような事で、文章の構造は決まります。英語の文章を作ることは小学校の算数に似ている、と言うことができます。が、速度は非常に速いです。決められたルールにのっとって、高速スピードで文章を組み立てていかなければなりません。

どんなテニス選手でもサーブの仕方やボールの打ち方を知っています。選手は頭の中で動作をイメージすることができます。そして、腕や足を自分のイメージ通りに動かさなければなりません。それができるようになるには練習が必要です。英語を話すことも同じですが、テニスで使う筋肉より、口の筋肉はずっと小さくて繊細です。ピアノやギターを弾くことを想像してみて下さい。繊細な筋肉の動きが必要になります。聞くという点で、音楽はわかり易い良い例です。英語を聞いて理解することは、音楽鑑賞ににています。熟練していない人は基本的なメロディーは聞こえますが、難しい音楽は理解できず、雑音に聞こえてしまいます。熟練した人には全ての詳細な音まで聞こえてきます。

即興やアドリブも英語を話す時には必要です。俳優達は日常において、人はどんなリアクションをするのか研究して、それを真似します。あらゆる場面でリハーサルもします。上手な英語の話し手は、買い物や注文の仕方、リラックスや口論の仕方まで英語で繰り返し練習します。上手な人たちは英語のボディーランゲージさえも真似して、英語らしい雰囲気を作り上げることもできます。良いスポーツ選手は技術を持っているだけではありません。良い選手には想像力があり、持続して試合の流れに順応していくことができます。たぶん、これは車の運転に似ています。

英語を話すには、ある程度の知識は必要です。しかし、その知識を適応させる技術自体は、日常の人間活動と似ているということができます。もし数学やスポーツ、音楽、車の運転などその他、同じような経験を持っていたら、その経験を英語の学習の仕方やもっと速く英語の能力を上げるために役立てることができるはずです。

ブレット マックスウエル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up