講師研修

Our school has two parallel teacher training systems. The first is an hour and half whole
group session held every month. In these sessions we discuss theoretical and practical
aspects of teaching both adults and children. A couple of months ago I held a session to
confirm the most effective use of textbooks and CD listening in adult lessons. The goal is
to use theory of memory and language learning to create practical activities. Last month I
held a session about the psychology of kids’ learning and behavior. We examined the exact
causes of kids’ excitement, motivation and potential problems. Again, the teachers’ goal is
to create practical learning activities based on these theoretical principles. This month,
Austin, Clancy and Ken held separate workshops on various teaching techniques.

Our second training method is 1 to 1 mentoring. Austin, Leanne and I team-teach or spend
time with individual teachers. We discuss strong points, weak points and suggest ways to
adapt and improve. Right now we are videoing teachers’ lessons. Teachers later watch their
own lesson and make assessments of their techniques. We have a clear vision of how we should
be teaching lessons. The purpose of both training systems is to make sure what we are
actually doing is the same as what we should be doing for the best outcome. Many people
think students learn and teachers teach. But true professional teachers continue learning.

BRETT MAXWELL

私達の学校は2つの講師研修を並行して行っています。一つ目は1時間半のグループセッションで
毎月行っております。これらのセッションで私達は大人にも子供への教育においても
実用的かつ実践的に行える部分について話し合います。
約2か月前、私は大人用のレッスンにおいて教科書と聞き取りCDの最も有効な活用法を
皆で確認しました。その目的は、記憶した理論を実践的な活動で使ってみる事です。
先月は心理学における子供の学習と態度というセッションを行いました。
私達は子供達の興奮する事、モチベーション、そして起きうる問題の原因について調査しました。
繰り返すようですが、講師達の目的はこれらの論理や調査に基づいて、実践的な活動(実際に使えるシチュエーション)を生み出してあげる事です。
今月はオースティン、クランシー、ケンそれぞれによって様々な教育のテクニックについて研修が開かれました。

私達の第二の研修は、1対1で助言をします。オースティン、リアン、そして私がチームとなり
1人1人の講師と時間をさいて教えていきます。内容はと言いますと、自分の強みや弱みを話し合ったり、
どのように調整したり改善したりできるかを提案します。
現在、講師達のレッスンをビデオ撮影しています。後に講師達が自身のレッスンを見て、
自分のレッスンテクニックについて自己評価します。
私達はどのようにレッスンを行っていくべきか、明確な未来像があります。二つのトレーニングシステム
の目的は最高の成果をあげるために 実際にやるべき事ができているかを確認する事なのです。
多くの人は、生徒が学び、講師が教えると考えがちですが、実はプロの講師達も学ぶ事を続けているのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up