通訳ソフトを待ちましょう

Maybe we don’t have to learn a common language. Shall we wait for translating computers?
Unfortunately, the software to translate languages is unlikely for many, many years.
Why is this so? Computers can translate words and sometimes set phrases. Let’s try one
example:

それは面白い帽子です。The word ‘面白い’ does not have a perfectly same word in English. It
can be translated as ‘nice’, ‘interesting’, ‘unusual’ or ‘funny’ depending on the situation.
However, each of these English words can have their own wide meanings. Depending on which
word the computer chooses the listener can interpret the meaning in many different ways:

That is a nice hat. それはいい帽子です/それはすてきな帽子です
That is an interesting hat. それは興味深い帽子です
That is an unusual hat. それは普通じゃない帽子です
That is a funny hat. それは楽しい帽子です/それはお笑い帽子です/それは珍しい帽子です/
それはおかしい帽子です

In the future computers will use probability calculations to try to predict the best word
for each sentence but computer translation will remain poor quality. Communication is not
simply changing words. Computers cannot translate a raised eyebrow in combination with
5 other simultaneous gestures. Computers cannot translate situational manners, intonation,
emotion, atmosphere, values and expectations caused by cultural and individual differences.
In addition, many people, such as Americans often speak indirectly to avoid hurting people.
An American may say, “That hat looks interesting” but the listener will understand the
meaning as “That hat looks very unsuitable.” The way a sentence is said is just as important
as the meaning of the words.

To be able to interpret meaning in the same way as humans, computers must be able to think
and feel like humans. In other words, this requires artificial intelligence. Do you
remember the robots of Star Wars? They had their own mind and personality. This is the
level of software needed to translate language effectively.

Brett Maxwell

おそらく私達は共通語となる言葉を学ばなくてよいでしょう。あなたは翻訳できる(通訳できる)パソコンができるのを待ちますか?
あいにく言語翻訳のソフトの完成はまだまだ遠い将来のものです。なぜそうなのでしょう?(現在の)コンピューターでは単語やセットになっている文なら翻訳することができるからです。
それではひとつの例を見てみましょう。

「それは面白い帽子です。」

「面白い」という単語は英語で完璧に同じ単語がありません。それは’nice’, ‘interesting’, ‘unusual’ もしくは ‘funny’のように状況に応じて訳すことができます。しかしながら、これらの英単語はそれら自身が広い意味を持つので、パソコンが選ぶ単語によっては受け手が広い範囲のいろいろな意味に捉えてしまいます。

That is a nice hat. それはいい帽子です/それはすてきな帽子です
That is an interesting hat. それは興味深い帽子です
That is an unusual hat. それは普通じゃない帽子です
That is a funny hat. それは楽しい帽子です/それはお笑い帽子です/それは珍しい帽子です/
それはおかしい帽子です

 将来コンピューターは、それぞれの文章で、ベストな言葉を、計算機を使うくらいの確率で予測することができるでしょう。しかしコンピューターの翻訳では良くない質を残すと思います。
単語を単純に訳すことはコミュニケーションにはなりません。コンピューターは状況判断ができません。眉を上げるような5つの同時におこっているジェスチャーを翻訳することもできません。コンピューターは状況の習慣、イントネーション、気持ち、雰囲気、価値感や期待などを翻訳できません。なぜなら文化や個人的な差があるからです。

 社会的な礼儀としてアメリカ人は人を傷つけないために間接的な表現を良く使います。たとえばあるアメリカ人は「あの帽子はおもしろいわね」と言っても、聞いている人は「あの帽子とても似合わない」と聞こえるかもしれません。つまり文章をどのようにいうかが言葉の意味と同じくらい大切なのです。

コンピューターが意味を人間のように捉えるには、人間と同じく考え、感じる必要があります。言い換えると、これには人口知能が必要になります。あなたはスターウォーズのロボットを覚えていますか?彼らは心や性格を持っていました。言語翻訳ソフトがそのくらいのレベルになれば、きちんとした翻訳・通訳ができます。

ブレット マックスウェル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up