遅刻だ!

One day I had a home party. The party was to start at 7:00pm. I had a shower at 6:20pm.
I was wet and naked, drying myself when the first guests arrived at 6:30pm. The final
preparations weren’t complete! Soon after, the other Japanese guests arrived. All Japanese
guests had arrived before 6:50pm. From 7:00pm the foreign guests began arriving, some 30
minutes late.

Japanese friends tell me that Japanese people are careful about time but foreigners are
‘loose’ with time. Looking from Japanese values, this seems true. But I think the Japanese
concept of time and ‘on time’ is different from other countries. Japanese arrive early at
meetings and expect that everyone must be present before commencing. This is a very strong
unspoken but commonly believed ‘truth’ within Japanese society.

Western people are not so much group orientated. It is not so clear that every member must
be present before commencing a meeting. Especially at home parties, people simply arrive
according to their own individual circumstances. Nobody waits to eat or drink. The party
simply starts. In fact, in western thinking, it is expected that hosts are preparing prior
to the start time. So it is actually rude to arrive early.

At work, if a meeting is scheduled at 3:00pm, Japanese will arrive early so the meeting can
commence at exactly 3:00pm. Western people will try to arrive just on or about 3:00pm and in
many cases this means the meeting will actually start at 3:05 or later. Are western people
‘loose’ with time? By Japanese thinking, yes. But by western thinking, Japanese people are
rude for arriving early. Finally, some advice. Japanese wanting to start a meeting at 3:00pm
should tell western people the meeting will start at 2:55pm.

BRETT MAXWELL

ある時、我が家でホームパーティーをしました。7時スタートの予定でした。6時20分にシャワーを浴びました。最初のお客さまが見えたのは6時30分で、その時私はぬれたままで服も着ていませんでした。まだパーティーの準備が終わってない!しかしすぐに、次のお客さまが現れました。日本人ゲストは全員6時50分前には到着していました。7時を過ぎると、外国人のゲストたちは現れ始め、30分遅れの外国人ゲストも何人かいました。

日本人の友人は、日本人は時間をとても気にするが、外国人は時間にルーズであると言います。日本人的な価値観からすると、これは正しいように思います。しかし、日本の時間に対する概念、「定刻」の考え方は外国とは違います。日本人は、会議には時間前に来て、会議が始まる前に全員が揃わなければならないと考えています。日本の社会では語られるまでも無い当然の事として、一般に考えられています。

西洋人はそこまで、集団志向ではありません。会議が始まるまでに全員が揃わなければならないという、はっきりした決まりはありません。特にホームパーティーでは、個人がそれぞれ自分の都合に合った時間に現れます。全員が揃うまで飲んだり食べたりせずに待つようなことはしないで、時間になればパーティーは始まります。実際のところ西洋では、ホストは開始時刻まではパーティーの準備をしているので、時間前に到着することはホストに失礼だと考えられています。

職場では、会議が3時からだとすると、日本人は3時ピッタリから会議が始められるように、早めに集合します。西洋人は3時ピッタリもしくは3時頃に現れるので、会議は3時5分もしくはそれ以降の開始になります。西洋人は時間に「ルーズ」でしょうか?日本人の概念からすると、答えはイエスです。しかし西洋人の概念からすると、日本人は時間前にやってきて失礼だと考えられます。最後にいい事を教えましょう。もし3時に会議を始めたいのならば、西洋人には会議開始は2時55分だと伝えればいいでしょう。

ブレット マックスウエル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up