湘南二宮校で、外国人講師と一緒に、素敵な刺激なレッスン!

湘南二宮校で、外国人講師と一緒に、素敵な刺激なレッスン!

湘南二宮校コニーの大人のクラス(中級クラス)の紹介です。

現在、このクラスは3人の女性とコニーの女性4人です。和やかに、そして英語での表現に少し悩むときは、皆で一緒に考え合い助け合いながら、それぞれの話を興味深く聞いていました。素敵な雰囲気です。クラスの雰囲気が落ち着いていると、色々と沢山英語で話してみたくなりますよね。分からなくなっても、クラスメートや先生が助けてくれると思えば、話したいことを英語で表現する試みを、楽な気持ちでできますね。そういうリラックスできる雰囲気の中で、皆が発言していました。

さて今日は、バレンタインデー。ホワイトボードには、コニーが「♥Happy Valentine’s Day♥」と書いておいてくれました。

「What do you do in Japan ?」「Do you give chocolates ?」「Do you get chocolates ?」
コニーのそんな質問に始まり、日本とアメリカでのバレンタインの習慣の違いを皆で挙げてみました。書き出して比較してみると、結構違うものですね。アメリカでは、女性から男性へチョコを渡すに限らず、男性からもチョコやお花やクッキーそして、カードを渡すなどをし、ホワイトデーは存在しないとのことです。デートのときは、男性が通常払うなど、コニーがアメリカ事情を色々教えてくれました。

そして、日本とアメリカのバレンタインデーの「違い」と「似ている点」を英語で表現する練習をしました。コニーが教えてくれた構文を使い、各自文章を作りました。構文を用いた例文は、「Valentine’s day in Japan and Valentine’s day in the United States are different because there is obligation chocolate in Japan. 」(日本のバレンタインデーとアメリカのバレンタインデーは、違います。というのは、日本には義理チョコがあるからです。)

そこは似ているね、そこは違うね、といったことを文章に作り上げました。ちょっと長めの文章ですが、基本の部分は至ってシンプルですね。似ているときは「different」を「similar」に変えて文章を作り、言う練習もしました。事柄を述べ、理由を添える(○○なんですよ。なぜなら、××ですから)パターン、便利に使える表現です。パターンを覚えてしまえば、長い文章も難しくありません。英語に限らず、物事慣れると、できるようになります。それを信じて下さい。

教科書の時間(約10~15分)では、「ボランティア旅行」という記事から学習しました。教科書の中の話題も、色々と興味深いものが満載です。新しことを知ったり考えたり、また皆で意見交換をしたりできる題材として有効活用しています。

1時間、身近な役に立つ英語学習と、皆で楽しくくつろいだ雰囲気の時間を持ちながら、新しい刺激や学びがあり、又ちょっと物事を深く考えてみる良い機会も持てます。

今日は、生徒さんの週末の出来事の話の中から、右脳や左脳についてプチ情報を得たり、生徒さんがチョコを皆に配る場面もあり、日米バレンタイン事情の比較をし、それを文章表現にする練習。今日のバレンタインデーの過ごし方を皆がそれぞれ話し、教科書の「ボランティア旅行」の記事の概要に触れ、今週の皆の過ごし方を教えてもらう。そして時間があれば、家で教科書の予習復習をしていただく。といった流れで、盛沢山でした。

こんな雰囲気で、クラスの仲間と講師との触れ合いを大切にしながら、一緒に素敵な時間を持ち、英語力も培う。生活に楽しみや興味を増やしてくれますよ。いつでも、無料体験にお越しになって下さい。お待ちしています♡

Scroll Up