Culture Shock!! カルチャーショック

Culture shock is the stress of big change. When Japanese people change job or move
to another prefecture, they may feel stress for several months. When foreign people come
to Japan they often feel massive stress. We can’t speak or understand Japanese. We get lost
everywhere, we can’t read anything. It is harder to do everything compared to our home
country. We don’t have family or friends near us. We can’t understand Japanese logic.
At some companies and schools, foreigners are sometimes not treated as important staff.
Finally, our house is so different. The height of all furniture seems lower, the bath, the
tatami, even Japanese pillows are different!

Almost every part of life changes when foreigners come to Japan. The constant stress of this
new reality causes symptoms similar to depression. Symptoms such as becoming more easily
tired, angry and stubborn or emotional are usual. Unfortunately, people suffering culture
shock often blame others for their stress and complain about unrelated things. Because of
this, it is often difficult to help people experiencing culture shock. Being patient and
explaining things well is really the only thing you can do to help. Culture shock usually
lasts six months but can be a year or more in some people. The severity of symptoms depend on the personality type, expectations and previous experiences of the person. It also depends on the support and environment after arriving in Japan.

Moving to another country is never easy. Almost everyone feels some stress or culture shock
at first. In my case, I lived in Japan seven years and then returned to Australia for
three. When I first came to Japan I had only a little culture shock. But when I returned to
Australia I had a bigger culture shock. At that time I realized I prefer living in Japan.

Brett Maxwell

カルチャーショックは大きな変化のストレスです。日本の方々は仕事が変わった時や他県に引っ越ししたとき数ヶ月間ストレスを感じるかもしれません。外国人が日本にきた場合はよく大きなストレスを感じます。私達は日本語が話せず、理解できません。私達はどこへ行っても迷子になりますし、何も読めません。自分の祖国よりすべての活動が倍に難しいのです。そして近くに私達の家族や友人もいません。私達はは日本の論理(考え方)が理解できません。ある会社や学校では、外国人は時々重要なスタッフのように大事にされません。最後に私達の住まいも大きな違いがあります。すべての家具の高さが低く見え、お風呂、畳、日本の枕さえ異なっているのです!

外国人が来日した時は生活のほとんどすべてが変化します。この逃げられない現実のせいでストレスが少しづつたまり、そのため鬱病のような症状がでる原因となります。普通よりすぐ疲れたり、頑固に怒ったり、気持ちがぐらぐらしたりというような徴候がでます。残念ながら、人はカルチャーショックを受けた時、彼らのストレスや無関係な不満について他人を責めます。このせいで、カルチャーショックを経験した人を助けするのはしばし難しくなります。辛抱強く、物ごとをうまく説明してあげることがあなたのできる唯一できる助けです。 カルチャーショックはだいたい6か月ある人は一年かそれ以上続くこともあります。徴候の激しさはその人の将来の見込み、以前の経験によります。また日本に到着した後のサポートや周囲の環境にもよります。

他の国に住むということは決してたやすいことではありません。ほとんどの人がまず、なにかしらのストレス やカルチャーショックを感じます。私の場合は日本に7年住み、それからオーストラリアで3年住みました。 日本に最初に来た時は少しのカルチャーショックしか感じませんでした。しかしオーストラリアに戻ったあと、大きなカルチャーショックに襲われました。その時に私は日本に住むほうが好きだとはっきり理解したのです。

ブレット マックスウェル

訳者から:私もブレット先生と同じで日本に帰国して7か月ですが、最初に大きなショック、現在も今だにわずかにカルチャーショックを感じています。外から自国を見つめると何か心に大きな変化があるのは間違いないでしょう。想像だけでは難しい気持ちの揺れがあり、本当に苦しい状態になるときがしばしばです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up