Don’t Get Sick on Sunday! 日曜日に病気にならないで!

I always tell my teachers, ‘Don’t get sick on Sunday!’ In Japan, and especially in this area,
there are big hospitals and small family operated clinics. This system is very good except
for one point. Almost everywhere is closed on Sunday. Every country has a different medical
system. In Australia and many other countries there are medical centers that are usually open
every day, and often 24 hours. Some other countries are not so convenient. For example,
France is notorious for long summer vacations where local hospitals close for long periods.
In the United States many people have no medical insurance and they can’t pay the cost of
going to a hospital. In Australia, medical centers are usually a group of about 5-15 doctors
making their own clinic. They rotate work time so that the clinic is open every day.

On Friday Sam felt sick. He went to Y Hospital. Sam took the medicine he got from
the hospital and slept. By Sunday afternoon Sam had a 40 degree fever and having difficulty
breathing. He went back to Y Hospital but it was closed. He then started driving
around Odawara looking for a large hospital. But Sam didn’t know the roads well. He got lost.
By now, having difficulty breathing, Sam began to panic and fear he might die. He telephoned
Leanne to ask for advice. Leanne advised him to go to the fire station near where Sam was
driving. From there an ambulance took him to Odawara City Hospital. We found out Sam only
had a simple tonsilitis but because Y Hospital gave him incorrect medicine on Friday
it became very serious.

Sam and most foreigners feels extra stress when they get sick in Japan; different language,
system and medicine. This time however, the biggest problem was the day.

Japan has a very good medical system…but don’t get sick on Sunday!

Brett Maxwell

私はいつもうちの講師に「日曜日に病気にならないで!」と言っています。
日本、とくにこの地域は大きな病院か小さい診療所しかありません。このシステムはある点を除いてとても良いと思います。そのある点とは、ほとんどの病院が日曜日にしまっているということです。

オーストラリアや多くの他の国ではほとんど毎日営業しているメディカルセンターがあり、多くは24時間営業です。(訳者注:フランスは日本と同じで、むしろヴァカンス中は2ヶ月休むキャヴィネメディカルも多く、副側靭帯を切った訳者は2ヶ月の間治療が受けられないという事態に陥ったこともあります。国によってかなりの差があるようです。)

オーストラリアのこれらのメディカルセンターは普通は5人から15人のドクターのチームが彼ら自身のクリニックを作っています。彼らはローテーションを組んで、毎日病院を運営しています。

金曜日にサム先生は病気になりました。彼はY病院(訳者注:神奈川県国府津にある大きな私立病院です。サム先生は以前ここで胃カメラを飲んだことがありました。)彼は病院からもらった薬を飲んで寝ました。しかし日曜日の午後にサム先生は40度の熱がでて、呼吸困難になりました。そこでサム先生はY病院に行きましたが、病院は閉まっていたのです。そこで大きな病院を探すために小田原中を運転し始めました。しかし、サム先生は道路や地理がよくわかっておらず、道に迷ってしまいました。

その時彼は呼吸するのが難しくなり、死ぬかもしれないとパニックに陥りました。そこでリアン先生に電話し、アドヴァイスを求めました。リアン先生は運転して一番近い消防署に行くようにアドヴァイスしました。小田原の消防署についたサム先生はそこから救急車で小田原市民病院へ運ばれました。

あとで、サム先生はただの扁桃腺だとわかりましたが、金曜日にY病院から間違った薬を処方されたために、症状は厳しいものになってしまいました。

サム先生や多くの外国人は日本で病気になった時、とてもストレスを感じます:それは異なる言語、異なるシステムの違いによります。しかしながらこの時は、大きな問題が重なりました。

日本は良い医療システムを持っています。。。しかし、日曜日には病気にならないようにしましょう!

ブレット マックスウェル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up