FOREIGN STAFF

According to our passports, Maxwell English members come from 5 countries. But actually,
Ken has roots in Singapore as well as England. Alburr has roots in Pakistan and India
as well as England. As an African American, Sam has a different tradition compared to white
Americans. Sherri’s family name is French and she has French-Canadian traditions. Leanne’s
family roots are German. My ancestors come from Ireland, Scotland and England. Mami and
Haruko are Japanese. In English, having a wide range of cultural and racial variety is
called ‘diversity’.

Last night I was talking with a student attending XXXX school. This famous school collapsed
and was taken over by a juku chain. Even so, the student complained teachers at that school
are not motivated. He is waiting to finish his long contract and start lessons with us.
I often hear stories about foreign staff being unreliable in schools and companies. What is
the reason? Are foreign people lazy and selfish? In my experience, the basic personalities
and types of people are the same in every country. The problem comes from the way of
supervising foreign staff. Japanese managers attempt to supervise foreign staff in
the same way they would supervise Japanese staff. Usually with a poor result.

Supervising a diverse staff requires international understanding and a variety of different
skills compared to only supervising Japanese. Even between Americans, Canadians, British and
Australian, all native English speakers, there are significant differences in logic. Also,
most foreign staff coming to work in Japan are in their 20’s or 30’s. Managers need to
understand the life stage and goals of staff in order to supervise them effectively.

In the future, Japanese companies must become more global in order to survive. This
doesn’t only require language skill. It requies international skill.

BRETT MAXWELL

パスポートを見ると、マックスウエル英会話のスタッフ達はそれぞれ違った5つの国からのの出身です。しかし実際には、ケンはイギリス出身ですが、シンガポールにもルーツがあります。アルバーもイギリス出身ですがパキスタンとインドにもルーツがあります。アフリカン・アメリカンのサムは白人のアメリカ人とは違った伝統を持っています。シェリーのファミリーネームはフランス語で、彼女はフレンチ・カナディアンの伝統を持っています。リアンのルーツはドイツにあります。私の祖先はアイルランド、スコットランドとイギリスの出身です。まみとはるこは日本人です。様々な異文化と多民族が混ざり合うことを、英語でdiversity(多様性)といいます。

昨夜、私は他校の生徒と話しました。彼の通っている有名な学校は破産して、その後は塾に経営が変りました。ですので、生徒はその学校の講師のやる気の低さに苦情を言っていました。彼は、そこでの長期契約が終わるのを待っていて、終了後は私達のところでレッスンを始める予定です。私は外国人スタッフが信頼できないと言われていることをよく聞きます。理由は何でしょう?外国人は不真面目で自分勝手なのでしょうか?私の経験では、国は違っても、基本的な性格や人格は変らないと思います。問題は外国人スタッフの監督の仕方にあると思っています。日本人は日本人を監督する時と同じやり方で外国人を監督しようとします。たいていはうまくいきません。

異文化多民族のスタッフを監督する時は、国際的な理解と様々なスキルが必要です。アメリカ人、カナダ人、イギリス人、オーストラリア人のように全員が英語を話すような関係にあっても、考え方には大きな違いがあります。そして、日本に働きに来る外国人のほとんどが20代、30代です。彼らを上手に指導するには、管理職は彼らのライフステージや目標を理解する必要があります。将来、日本の会社は生き残るために更に国際化が進むでしょう。言語能力だけではなく、国際的なスキルも必要です。

ブレット マックスウエル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up