Japan’s Kids English Industry 日本の子供英語教育商売(part 1)

Japan’s junior high, senior high and college English often teaches curriculums that are so
complex and impractical that even native children could not follow them. Teacher training is
also a problem. School teachers are specialists of English literature. This makes them
experts of grammar and classical (old) English. Rarely do Japanese teachers study language
acquisition theory. This means teachers usually don’t understand the process of how humans
actually learn language.

Although Japan’s school English system is slowly improving, it still lags a long way behind
Japan’s practical English needs. This imbalance creates a business opportunity for private
English schools. But as we know from the NOVA example, not all private English schools are
good or honest.

E-school is a large kids’ English chain. As a business model, it uses housewives that like
English and want a home-based part-time job. If E-school gathers many housewives, it can make
bigger profits. So the problem for E-school is quality standardization. I have met E-school
teachers that have a terrible accent and cannot speak English at all. I have also met
wonderful E-school teachers. E-school attempts to standardize its quality by strict
curriculums. However, I think the quality of E-school lessons varies greatly depending on
the teacher.

P-school is a large kids’ English chain. It uses young Japanese ladies who spent some time
abroad as their main teachers. P-school’s makes its business by paying low salaries to its
teachers and selling lots of text materials. Students at P-school usually have one lesson
per month with a native teacher. Last year I met one of the native teachers based at
Ninomiya and Hiratsuka schools. She was a 19-year-old Australian girl. She graduated high
school 6 months earlier and was visiting Japan on a working holiday visa.

日本の中学、高校や大学の英語はしばし複雑で実用的でないカリキュラムに沿って教えられます。それらはネイティブの子供達でもついていけません。

教師の指導もまた問題のひとつです。学校の先生方は英文学のスペシャリストで、その知識の押し付けでは古い英語と文法の達人を作り出すだけです。日本の教師の中で言語の習得理論を学んだ人は稀です。これは先生方が「どうやって人間は言葉を身につける」という言語の学び方のプロセスを理解していないということです。

日本の学校の英語学習はゆっくりと改善されています。しかし実用的な英語が必要という声があがる一方、学校の英語学習はそれらに長い間答えられないでいるというところがありました。このアンバランスさは個人経営の英会話教室にもビジネスチャンスを作っています。しかしNOVAの例でご存じのとおり、個人経営の英会話スクールのすべてが良心的で誠実とは限りません。

某E社は子供英会話の大きなチェーン店です。家に居ながらパートで教えたいと思っている主婦を利用しているビジネスモデルの一つです。もし某E社がたくさんの主婦を集めることができるなら、大きな利益を得ることができるでしょう。しかし某E社の問題は授業の質の統一です。

私は某E社で教えている数人の先生に会ったことがありますが、ある方はひどいアクセントで英語を全然話すことができませんでした。一方とても素晴らしい某E社の先生にもお会いしたことがあります。某E社は厳しいカリキュラムで授業の質を一本化しようと試みていますが、私は某E社のレッスンの質はその教師次第だと思います。

某P社も大きな子供英会話のチェーンです。某P社はしばらく留学した経験のある若い日本の女性をメイン講師として使っています。某P社は人経費を抑えることとたくさんの教材販売のビジネスモデルです。

某P社の生徒さんは普通月に一度ネイティブの先生のレッスンを受けられます。昨年私は二宮と平塚教室を拠点にしている某P社のネイティブの先生の一人に会うことがありました。彼女はオーストラリアから来た19歳の女の子で、彼女は高校卒業した半年後、日本へワーキングホリデービザで訪れていました。

Brett Maxwell

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up