Japan’s Kids English Industry 日本の子供英語教育商売(part 2)

*7月8日の記事の続編です。Part1をお読みでない方は先にそちらをお読みください。

The salaries of native teachers of most large English schools such as AE-school S-school
range from 200,000-250,000 yen per month with no bonus and no posiibility of future increase.
This is not enough money to attract serious professionals. Most foreigners come for an
adventure and fun using English teaching as a way to live. They usually have no teaching
experience or qualifications before arriving in Japan. Their teaching quality therefore,
largely depends on the training of each school. Most native teachers don’t consider English
teaching their true career and don’t stay in Japan for a long time. For this reason, most
schools do not want to spend lots of time and money investing in teacher training.

In the case of small local English schools, most are owned by Japanese or foreigners married
to Japanese with no formal teaching qualifications. The owners’ lack of linguistic education
qualifications and inability to properly train teachers is the clear weak point of these
schools.

So how about Maxwell English? For us education quality is the most important thing. Our plan
is to find good native speakers already possessing teaching or language experience and then
train them over several years to become truly great teachers. Maxwell English teachers are
paid 50% more than most other English schools. At the same time, students pay much lower
fees than most other schools. This is achieved by cutting administration costs.

English schools are an education business so there naturally has to be some balance between
the education and business aspects. My opinion generally though, is that most schools
concentrate too much on the business and not enough on the education.

EA社やS社のような大きな英会話スクールのネイティブ講師の給料は月20から25万円が平均で、ボーナスはなし、将来給料が上がる可能性もありません。

多くの外国人は生きる糧として英会話講師と言う立場を利用しながら日本のエキサイティングな生活体験や楽しみのために来日します。彼らは日本へ来る前に教える経験を持っていなかったり、資格を持っていなかったりというのが普通です。彼らの教える質はそれゆえ、それぞれのスクールのトレーニングによって大きく左右されます。

多くのネイティブの先生が英会話の講師をすることを自分の本当の仕事と考えておらず、日本に長く滞在することも考えていません。そしてこの理由から、多くのスクールはお金と時間を講師のトレーニングにかけることを望んでいません。

小さな田舎の英会話スクールの場合、その多くのオーナーは日本人か日本人と結婚した人が英語教育の資格なしに運営しています。言語教育に詳しくないオーナーはきちんと講師達をトレーニングできません。これがこれらのスクールの明らかな弱点です。

マックスウェル英会話はどうでしょう?私達にとって、教育の質はもっとも大切なものです。私達の計画はすでに現場で教えた経験、言語学の経験のある良いネイティブスピーカーを見つけることと、彼らを何年かにわたりトレーニングして本物の優れた講師に育てあげることです。マックスウェル英会話の講師には他の多くの英会話スクールよりも50パーセント多く給料が支払われています。同時に、生徒様は他の多くのスクールよりも料金を安く払っています。これは管理コストのカットに成功したからです

英会話スクールは教育とビジネスの間にバランスを当然にとらなければいけない教育ビジネスです。私の意見を述べると、ほとんどの英会話スクールは教育よりもビジネス中心になっています。

BRETT MAXWELL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up