Kids need English

As part of my work with the N-town’s Education Board, today I completed a series of training
sessions with teachers from all of N-town’s elementary schools. I taught elementary
teachers about some theoretical processes of learning language but also practical teaching
techniques such as how to use gestures. Finally, I talked about the future of English in
Japan. This is an interesting topic so I want to discuss it in my blog.

I remember when the first desktop computers began to be used in offices and homes. At that
time, most people didn’t need computers for their daily work or home life. Some people were
positive about learning the new technology and some people tried to ignore it. Within just
a few years, almost everyone uses computers and the Internet every day. In fact, being
able to use a computer is critical for most jobs.

I believe the future of English in Japan will follow a similar pattern. Now, some people
learn English as a hobby but most people can avoid English and still live and work
comfortably. This will change in just a few years. The current generation of elementary age
children will need to use English almost every day when they start working, even if they
work in small local companies. English will become a necessary tool for almost every career.
The driver of this change is technology and economic integration. The current recession
will actually increase the speed of this change. Companies that try to ignore these changes
will quickly disappear.

Now I use my computer and SKYPE software to talk to my friends and family in Australia. It
is a video telephone. And it is free! Soon a cell phone will become a mobile computer. How will
these changes effect our lives? If you have an elementary age child, imagine their career
20 years in the future. Your son or daughter needs English!

Brett maxwell

私の仕事の一つに教育委員会の方とご一緒するものがありますが、その中の業務の一つである、N町のすべての小学校の先生方の研修が本日終わりました。
 言語教育の論理的な過程について小学校の先生方へお話しましたが、どのようにジェスチャーを使うのか実用的な教育テクニックについても述べました。
最後のほうでは日本における英語の未来についてもお話しました。これはとても興味深い話なので私のブログの中でも述べてみたいと思います。

私は最初のデスクトップ型のパソコンがオフィスや家で使われ始めたのを覚えています。そのとき、多くの人にとってパソコンは日常的な生活や人生で必要な物ではありませんでした。ある人達は新しいテクノロジーを学ぶことについて前向きでしたが、一方使いこなすの避けてる人もいました。しかし何年かの間で、ほとんどの皆さんはパソコンやインターネットを毎日使っています。つまり、多くの仕事においてパソコンはなくてはならないものになったということです。

私は日本における英語の将来はこのパターンに近い状態になるだろうと思っています。今は、何人もの人が趣味として英語を学びますが、多くの人は英語を使わずにうまく生活や仕事するのを望んでいます。
これはほんの数年で変わるでしょう。

現在の小学生の子供達の世代は仕事を始める年になると、例え彼らが小さい田舎の会社で働いていても、ほとんど毎日英語を使う必要性がでてくるでしょう。英語はほとんどすべてのキャリアの成功のカギともなるでしょう。この変化を起こしている原因はテクノロジーと経済の統合でしょう。現在の不景気はこの変化のスピードをますます増大させるでしょう。その変化に素早く対応しない会社は将来なくなってしまうでしょう。(注:この変化は無視できないという意味です。)

今私はパソコンでオーストラリアの友人や家族と話すためのスカイプというソフトウェアを使っています。それはテレビ電話でしかも無料なのです!まもなく携帯電話も持ち運びできるパソコンのようなものになるでしょう。

これらはどのような影響を私達の生活にもたらすのでしょうか?もしあなたが小学生のお子さんをお持ちなら、彼らの将来20年後のキャリアを想像してください。

あなたの息子さん、お嬢さんは英語が必要です!

ブレット マックスウェル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up