Listening Test

Last weekend some of my students took the EIKEN test. For students growing up learning
English from native teachers, the listening section of the test is usually their easiest
portion. I also have adults students taking TOEIC listening tests. Today I will briefly
discuss listening test technique. Three basic points decide the difficulty of a listening
test. 1 is material. This is the level of vocabulary and sentence complexity. 2 is speaking
speed. 3 is the thinking time. This is the number of seconds you have to decide your answer.

A student cannot control the material or speaking speed. However, with good technique, a
student can extend thinking time by 1 or 2 seconds for each question. Extending thinking
time by only a very small amount can make a difference of 10% or even 20% in the score.
The general idea of this technique is to always read ahead. While the narrator says,
‘Question 1’, the student should already be reading question 1. After deciding the answer
to a question, do not wait. Immediately begin reading the next before speaking begins.
Not only does this technique extend thinking time, a student often knows in advance what
information he or she is listening for. And this is a big advantage.

For example, which is easier? Listening to 30 seconds of conversation and then reading a
question? Or reading a question and then listening to 30 seconds of conversation? Of course,
reading first and then listening is easier and generates a higher percentage of correct
answers. So in listening tests, always read the next question as soon as possible.

BRETT MAXWELL

先週末に私の生徒たちが英検を受けました。ネイティブ講師にからレッスンを受けて育った生徒たちにとって、リスニングテストは一番点を取りやすいところです。私はTOEIC受験の大人の生徒も受け持っています。今日はリスニングテストを受ける際のテクニックについて簡単に説明していきたいと思います。リスニングテストの難易度を決定するのは、基本的には次の3つ点です。一つは単語や文章の複雑さです。2つめは話す速度です。3つめは考える時間です。与えられた数秒間に答えを出さなければなりません。

生徒は出題される内容や話される速度をコントロールすることはできません。しかしコツをつかめば、1~2秒づつ考える時間を増やすことができます。考える時間を増やしても、10~20%程度のスコアしか伸ばせません。このやり方の基本的な考え方は、常に問題文を先に読むようにすることです。ナレーターが「Question 1」と言っている時には、既にQuestion 1の選択肢を読んでいなければなりません。答えが分かったら直ぐに先に進みます。次の問題が読まれる前に次の選択肢を読み始めます。これは問題をとく時間を増やせるというだけではなく、話しての言おうとしている情報を、前もって知ることができるようになるテクニックでもあります。これは聞き手にとって非常に有利です。

例えば、30秒の会話を聞いたあとで選択肢を読むのと、選択肢を読んでから30秒の会話を聞くのとでは、どちらが簡単ですか?もちろん、選択肢を読んだ後で会話を聞く方が簡単です。正しい答えを導き出す確率も飛躍的にのびます。ですので、リスニングテストでは、できる限り聞く前に問題を読むようにしましょう。

ブレット マックスウェル

私のおすすめ:
TOEICテスト公式DSトレーニング(『TOEICテスト 新公式問題集』2冊を収録。新TOEICテストの出題形式にそって解くDSソフト)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up