NUCLEAR POWER

After the the disaster at Fukushima Daichi Nuclear Power Station, there are a lot of people
wanting to ban nuclear energy. I can understand this reaction but I think we should keep
nuclear energy. In this century, all the 8 or 9 billion people of this planet are going to
want to consume energy like you and I now do. The world’s energy needs will increase many
times more than now. I recently heard China opens a new power station burning coal every
month. More than nuclear accidents, the large and terrible changes to our climate caused by
burning fossil fuels is the greatest danger to our children and their children.

Now let’s think about the Fukushima accident. Although we don’t know the long-term health
effects of the emergency workers, until now noone has died from radiation effects. Compare
this to the 30,000 or so people who died in the earthquake/tsunami. Also, the accident itself
was caused by a lack of common sense, basic procedure and poor oversight by the government.
TEPCO has a terrible safety record and the government did not supervise it. For example,
building a nuclear power plant on the seaside but not protecting it from tsunami is a lack
of common sense. We would never accept such poor safety design and procedure from airlines
or even car companies. Finally, modern nuclear power stations can recycle fuel. This means
future nuclear energy will not produce waste. We can make endless electricity using the
current fuel.

The world didn’t ban airplanes because of a crash. Instead, we work hard to improve design
and safety procedure. I think the same is necessary for nuclear power. Global warming
will be the greatest disaster in the history of humans. Solar and wind power will not be
enough. We may not like nuclear but we still need it.

BRETT MAXWELL

福島第一原発の事件以後、かなり多くの人々が原子力の使用の禁止を求めています。
私もこの反応は共感できる部分があります。しかし原子力エネルギーは利用するべきだと思います。今世紀これから考えうる事は、地球上の全ての80から90億の人々が私やあなたが今も使用しているように電気を消費するでしょう。そして世界のエネルギー需要量は今にも増して上がるでしょう。ところで最近私は中国が毎月、炭を燃料とする発電所を新設していると言う事を耳にしました。化石燃料を燃やす事により、原子力の事故で受ける影響よりも非常に広域にわたり、私たちの子供、そして中国の子供達にも多大な悪影響を与えるでしょう。

話を戻して福島の原発事故について考えましょう。長期関与による原発作業員への健康被害については分かりませんが、今のところ一人として被ばくによって死亡した方はおりません。津波や地震での被害で亡くなった方は3万人を超えます。原発事故は日本政府の緊急事態における判断力の欠如、一連の処理作業の失敗、不注意により引き起こされました。TEPCOの安全対策は十分ではなく、政府はしっかり監督をできていなかったと言えるでしょう。例えば、常識の範囲内では沿岸部に原子力発電所を建設しておい、て十分な津波の対策をしていないなどは考えられません。
私たちはこういう曖昧に管理されている安全対策を見過ごしてはいけません。
最後に、最新の原子力発電所は燃料をリサイクルする事も可能です。つまり、未来の原子力はごみを出さないということです。この燃料を使えば無限に電気を作ることができます。

飛行機も事故を起こしますが、それでも飛行機は利用され続けています。それどころか益々安全に飛行、乗車できるよう進化し続けています。私は原子力も同様に変化が必要なのではないかと思ます。地球温暖化は人類の歴史上、非常に大きな問題です。太陽光発電と風力発電では十分な供給量は得られません。
原子力は好きではなくとも上手に付き合う必要があると思うのです。

ブレット マックスウェル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up