STUDY IS FUN

Today I want to discuss the psychology of enjoying study.
The 4 points are SUCCESS, FUN, FREEDOM and BELONGING. Success creates confidence. Humans
are ready to work hard when they see real outcomes of their work. Success creates intrinsic
motivation. This means feeling motivation from inside oneself. The other type of motivation
is called external motivation. This is working hard to get rewards for outside. By far,
people work hardest because of intrinsic motivation. And intrinsic motivation is created
by a person gaining success. This success becomes the motivation to push for more success.
Success feels good. It is important for teachers to design lessons that give students a
chance to see their points of success. Next is fun. Study is serious but it can be done in a
fun way. It is important for teachers to design lessons that mix quiz and short game
elements. This changes the pace of lessons, allowing students to concentrate for longer
periods.

The final 2 points of freedom and belonging are linked to the social nature of humans.
Teachers should control lesson structure but they can give students small choices within
lessons. For children this might mean choosing thier own cards or colors. For adults this
may mean choosing their own project tasks or partners for group work etc. Finally, it is
important for to feel accepted by their group. Teachers should create activities where
students positively interact together and the teacher should also demonstrate good skill as
an example for students. If all these things are done skillfully by the teacher. The lesson
will be fun and create motivation to study more.

今日は楽しく学ぶ心理学についてお話ししたいと思います。
4つのキーポイントは成功、楽しむ事、自由さそして帰属意識です。
成功は自信につながります。人間は自分の作業や仕事の成果が確実に目に見えると一生懸命頑張れるものです。
成功が内発的動機づけ(やる気)を生み出します。内発的動機づけとはやる気が自身から漲ってくる状態の事です。
もう一つのやる気の種類に外発的動機づけがあります。これは報酬などのために一生懸命働くやる気を意味します。
人間が頑張って働くのは内発的動機づけだったのです。そして内発的動機づけは人々に成功を導きます。
成功がまたやる気となって更なる成功を導くのです。成功する事はとても心地がいいです。
講師たちにとって、生徒さんが成功した!できた!と思わせるレッスンを考える事はとても大事です。

次は楽しむ事です。勉強する事はとても真面目な事ですが、楽しみながらもそれは可能です。
よって講師たちクイズや短いゲームなどの要素を用いたレッスンを考え出す事も重要なのです。
こういう変化でレッスンのペースを変える事によって、生徒さんが長く集中できるのです。

最後の2つのポイントは自由さと帰属意識ですが、これらは人間の社会性に関連しています。
講師はレッスンの構成を決めるべきですが、その中でも生徒さんに多少の選択肢を与えるべきです。
例えば子供たちにはカードや色を選ばせたり、成人の方にはプロジェクトの役割を選んでもらったり、グループワークのパートナーを決めてもらったりなどがあります。

最後にその所属するグループで受け入れられるという事は非常に重要です(帰属意識)。
講師は生徒さんが積極的に一緒に交われ事ができ、その講師が生徒さんによい例題をデモンストレートできないといけません。
もしこれがすべて技術的に講師が実践できれば、そのレッスンは楽しく、学ぶやる気を十分引き出せるものになるのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください