The Inside Story

Today I want to talk about something different. Students usually see an English school from
the outside. Today I want to talk about an English school from the inside. If you saw our
website, you might know that as well as a Master of Education, I also have an MBA. So today’s topic concerns the basic management of an English school. We don’t often talk about this
topic with students so I hope you find it interesting.

Whether the economy is good or bad, the key points for an English school’s success are
very simple; expert knowledge of linguistic education, finding good teachers, training
teachers well, keeping good teachers for many years, teaching high quality lessons every
day, working hard for students and a simple low cost system. Finally, regarding marketing,
the most important thing is to communicate our vision well. As the principal of Maxwell
English, I know that if I do these things well, the school will be successful. I don’t
worry about what other English schools do, I just try to improve every student’s English
ability.

I think you can judge the success or failure of any English school by these criteria. This
is my management philosophy. I hope today’s unusual topic was interesting for you.

Brett Maxwell

今日はいつもと少し違ったお話をしようと思います。

生徒のみなさんは普段外側から英会話教室を見ていると思います。今日は内側からみた英会話教室についてお話しましょう。

私たちのホームページを見てくださった方は、私が教育学の修士以外にMBA(経済学修士)も持っていることをご存じだと思いますが、今日の話題は英会話教室の基本的経営に関する内容です。私たちは普段生徒さんとこの話題について話しませんが、興味を持ってくだされば嬉しいです。

経済模様は良いときもあれば悪いときもありますが、英会話教室成功のカギはとてもシンプルです。

それは言語教育の専門知識、良い講師を見つけること、講師をより良くトレーニングすること、何年も良い講師をキープすること、毎日高い質のレッスンで生徒様を教えること、生徒様のために良く働き、シンプルで安いコストのシステムをもつことです。

最後にマーケティングについて述べると、最も大事なことは私たちのヴィジョンをよりよく伝えていくことだと思います。マックスウェル英会話の校長のようにそれらをより良く実践していけば、教室は成功することを私は知っています。

私は他の英会話教室がどんなことをしているのか心配していません。ただ、すべての生徒様の能力を向上することのみを挑戦しているのです。

私は皆様がこれらの判断基準をもって英会話教室の良し悪しを見極められると思っています。これは経済哲学なのです。私は今日のちょっとかわったトピックがあなたに興味があったことを願っています。

ブレット マックスウェル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up