Which has changed, Japan or me?

When I first came to Japan in the early 1990’s, I thought Japan was an exciting, optimistic
and happy place. I still meet happy and optimistic people every day but more and more I
feel something else. I notice grumpy people. I notice people want to complain about the
smallest things. People are tense and get angry more quickly. What has changed? Have I
changed or has Japan changed? Do you feel this change too?

According to business management theory, when a company is in decline, people often become
defensive, grumpy and blame each other. People know their salaries and conditions will
decline, People know tomorrow will be worse than today. There is nothing new to look forward
to and people defend the remaining things selfishly. Japan’s economy has been declining for
many years now. The future is higher taxes, lower wages and reduced pensions. Is the economy
and work stress changing people?

When he was younger, my father was happy and optimistic. As an old man, he became grumpy.
The levels of the male hormone, testosterone fall in men as they get older. This hormone
helps men feel confident and healthy. Together with other frustrations, reduced hormone
levels can be a factor causing grumpiness. The population of older men is rapidly increasing
in Japan. Is this a factor?

When I came to Japan I was about 25 years old. 25 is an exciting and optimistic age. Now
I’m 42. I work harder and have lots of responsibilities. Maybe I’ve changed. Finally, when I
came to Japan I couldn’t understand Japanese. Now I understand everything. Maybe my improved
Japanese ability enables me to hear negative things more clearly.

I don’t know whether I’m changing or Japan is changing? What do you think? But like many
other foreigners living here, I love this country. So the thing I hope for is better
political leadership. Japan needs a future vision and the confidence to go forward with
confidence. This national vision and confidence comes from political leadership.
Unfortunately, Japanese politics is just a circus of disappointing failure.

BRETT MAXWELL

始めて日本に来た1990年代の始めの頃、私は日本はエキサイティングで楽観的でハッピーな所だと思いました。私は今でも毎日ハッピーで楽観的な人たちに会いますが、だんだん何か違う雰囲気を感じています。不機嫌な人たちがいることに気がつきました。些細なことについて文句を言う人たちがいることに気が付きました。人々は以前より、緊張しやすく、直ぐに怒ります。何が違うのでしょう?私が変ってしまったのでしょうか?それとも日本が変ったのでしょうか?あなたもこの変化に気づいていますか?

企業経営理論によれば、企業が落ち込んでいる時は、社員は自己防衛に走り、不機嫌で互いを非難しあうようになりやすいです。自分達の給料が減り、労働条件が厳しくなることを知り、明日は今日より更に悪くなることを知ります。期待できる新しい材料は無く、自己中心的な考えで、自分に残された物を守ろうとします。日本の経済は長期に渡って、落ち込んでいます。将来税金は更に上がり、給料と年金は下がっていきます。この経済状況と労働環境のストレスが人々を変えたのでしょうか?

私の父は若かりし頃、ハッピーで楽観的でした。歳をとると、不機嫌になりました。男性は歳をとるにつれ、テストステロンという男性ホルモンが減少していきます。このホルモンは男性に自信と健康を与えます。様々なフラストレーションと男性ホルモンの減少が重なることが、気難しくなってしまう原因の一つと考えられます。高齢の男性の人口は急速に増えています。これが原因でしょうか?

日本に始めて来た時、私は25歳でした。25歳といえばエキサイティングで楽観的な年齢です。今私は42歳です。必死に働いて、多くの責任を担っています。たぶん私は変ったでしょう。結局のところ、日本に来た当初、私は日本語がよく分からなかった。今は何でもわかります。たぶん、私の日本語が上達したので、嫌な悪い事も、よくわかるようになったのでしょう。

私が変ったのか、日本が変ったのか、私にはわかりません。あなたはどう思いますか?しかし日本に住んでいる多くの外国人と同じように、この国を愛しています。ですので、より良い政治的なリーダーシップを望んでいます。日本は再び自信を取り戻す為に、将来の展望と自信を持って前進していかなければなりません。このような国民的な展望と自信は政治的なリーダーシップによってもたらされます。残念なことに、日本の政治はがっかりさせらるような失態の連続の、ただの騒々しい道化芝居のようです。

ブレット マックスウエル

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Scroll Up